キャンパスだより楳田高士教授が『JICA国際協力感謝賞』を受賞

楳田高士教授が『JICA国際協力感謝賞』を受賞

2016年10月25日


国際協力機構(JICA)は、国際協力事業を通じ、途上国の人材育成や社会発展に貢献した事業・個人・団体の功績を称える「第12回JICA理事長表彰」の受賞者を決定。本学の楳田高士教授が、国際協力の業務に長年にわたって協力し、特に功績があったと認められる個人と団体に贈られる「JICA国際協力感謝賞」を受賞しました。


楳田教授は、1998年から19年間にわたり中南米在住の日系人に向けた「鍼灸学」の研修をほぼ毎年、累計29人を受け入れ、きめ細かいサポートと熱心な指導により、満足度の高い研修を実施していること、また、研修終了後のフォローアップについても継続的に対応していること、さらには関西医療大学で研修した帰国研修員が自国での鍼灸治療の分野で活躍しており、中南米社会全体の日本鍼灸学普及に大きく貢献したことが評価されました。

受賞者には10月13日(木)、JICA市ヶ谷ビル国際会議場で行われた表彰式で、北岡伸一JICA理事長から表彰状および感謝状が授与されました。出席された楳田教授からは、「表彰式で受賞者の紹介がありましたが、JICA事業に長きに亘り貢献された人ばかりで、JICAの国際協力事業の取り組みの幅広さ、日本の国際社会への多くの人々の熱心な貢献のあることを再認識いたしました。今回の受賞を機に、今後は語学力を高めて、積極的な国際協力・交流に取り組めるように努力したいと思っています。」との声が寄せられました。

JICA.jpg


入学案内ADMISSION