キャンパスだより愛媛県立中央病院漢方内科鍼灸治療室に見学に行ってきました!

愛媛県立中央病院漢方内科鍼灸治療室に見学に行ってきました!

2017年08月24日


 はり灸・スポーツトレーナー学科の学外施設見学の一環として、8月22日(火)に4年生の加藤瑞穂さんと私(引率 坂口先生)で愛媛県立中央病院漢方内科鍼灸治療室(以下、本施設)の見学に行ってきました。


 本施設では、鍼灸師と漢方内科の医師がしっかりと連携し、一人の患者さんを全人的に診ていきながら、特に慢性健康障害の治療に力を入れています。鍼灸だけでは対応し難いところは漢方薬を用い、また鍼灸と漢方薬を併用することで効果をあげていることを随所で知りました。鍼灸は灸頭鍼治療と刺絡療法を主としており、今回初めて目にしましたが、改めて鍼灸治療の多様性を実感しました。
 何より、素晴らしいと感じたのは、患者さんの「他力本願」ではなく「自力本願」で良くしよう、良くしたいという意識の高さです。本施設では、患者さんに自宅でお灸が出来るように丁寧に指導していました。その指導を患者さんが実践することで、お灸をセルフケアとして習慣化させることができます。まさに継続は力なりです。ちなみに、病院内のコンビニでお灸が販売されてました(笑)。
 今回このような貴重な経験をし、たくさんのことを学ぶことができました。今後の勉強や活動に大いに活かしていきます。(文責 3年中尾文香)

campus0824-1.JPG愛媛県立中央病院

campus0824-2.jpg鍼灸治療室内での記念写真



入学案内ADMISSION