キャンパスだより森本貴義先生の特別講義「鍼灸師も知っておきたい運動の話し!」開催!!

森本貴義先生の特別講義「鍼灸師も知っておきたい運動の話し!」開催!!

2017年11月13日

 11月4日(土)、株式会社REACH専務取締役、元Seattle Marinersアシスタントアスレティックトレーナーの森本貴義先生の特別講義が開催されました。


 先生は、1997年に本学の前身である関西鍼灸短期大学を卒業後、ORIX Blue Wave(現ORIX Buffaloes)、Seattle Mariners、WBC日本代表のトレーナーなどを経て、現職。本学の客員教授でもあり、後輩のために熱い講義を毎年してくれています。この日ははり灸・スポーツトレーナー学科の63名が聴講しましたが、昨年から引き続いて聴講するという学生も多数みられました(写真1)。特にはり師きゅう師にトレーナーを目指す学生にとっては憧れの先輩でもあり、厳しくも優しい言葉は彼らの学びのギアを一段階上げてくれたのではないでしょうか。
 先生の講義は双方向性で、絶えず学生に語りかけ、また考えさせる内容でした。まずは"人生のフレームをつくる"として将来(実現)のための方程式と、これを日々考え、見直すことの重要性を話されました。次に競争の現実のなかで、はり師きゅう師にプラスになる武器(自分にしかできないこと)を持つことが重要であるとし、先生が現在行っている運動療法の考え方を話されました。その中心にあるのは、身体機能の再教育、すなわちコントロールして自分のものにする(=私たちの身体は乗り物→乗り物を乗りこなす)、ということでした。ここからは、重力、tensegrity、呼吸、mobility、stabilityといったkey wordsが次から次へと出てきました。1年生には少し難しかったかもしれませんが、イメージはできたのではないでしょうか。最後にFunctional Range Conditioning(FRC)として3つの方法(CARs)が画像とともに紹介されました(写真2)。これはリハビリとトレーニングとの間に位置するもので、どんなスポーツにも対応できるということでした。知らないことを知ることができる、それも一流から学べる。これは本学で学ぶことのアドバンテージではないでしょうか。また、来年も楽しみです。 (文責 はり灸・スポーツトレーナー学科 坂口俊二)

campus1113-1.JPGcampus1113-2.JPG


入学案内ADMISSION