大学院入試情報

アドミッションポリシー

本大学院は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、保健医療に関する基礎研究、臨床研究を通じて、保健医療の科学化と学問体系の確立を目指すとともに、将来、我が国の保健医療に役立つことを目指す熱意のある次のような人たちを広く求めています。

  1. 高度な専門知識と技術を持ち、保健医療の中で指導的な役割を果たそうとする人
  2. 医師や他の医療スタッフと連携して保健医療にあたろうとする意欲をもつ人
  3. 保健医療分野における科学的研究の第一線に立ち、我が国の保健医療における運動療法や物理療法の発展に寄与しようとする研究意欲が旺盛な人

出願資格

  1. 学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成30年3月までに学士の学位を授与される見込みの者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目をわが国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込の者
  5. 学校教育法施行規則第155条第1項第4号又は5号の規定により文部科学大臣が指定した者
  6. 専門学校などを卒業し、医療に関する資格(鍼灸師・理学療法士・柔道整復師・臨床検査技師・看護師)を取得した後、2年以上の就業経験がある者で、かつ個別の入学資格審査により大学卒業と同等以上の学力があると認めた者

専修学校、短期大学等で鍼灸師・理学療法士・柔道整復師・臨床検査技師・看護師の医療資格を取得した後、2年以上の就業経験がある方については、個別の入学資格審査を経て本大学院への入学を認定します。原則として、受験する試験日程の出願開始2週間前までに個別出願資格審査の申請を行ってください。詳細は大学院入学試験要項でご確認ください。


入試概要

Ⅰ期Ⅱ期
試験日 平成29年9月24日(日) 平成30年3月11日(日)
出願期間 平成29年9月4日(月)~9月15日(金) 平成30年2月26日(月)~3月6日(火)
合格発表 平成29年9月29日(金) 平成30年3月15日(木)
入学手続締切日 1次 :平成29年10月13日(金)
2次 :平成29年11月17日(金)
1次 :平成30年3月23日(金)
(1次手続きのみ)
選考方法 筆記試験(英語または専門科目)、小論文、面接及び提出書類等で総合的に判定します。

※和英、英和辞書を持ち込むことができます。(電子辞書、医学関係の辞書は不可)。
※本学大学院で開講する特別研究に係る8分野(臨床鍼灸学、臨床身体機能学、機能形態学、生体情報学、病態情報学、内科系病態学、高次神経病態学、医科学)より出題された課題から、2題を選択して解答して下さい。(課題は、1分野から各2題が出題されます。)選択する課題は、同分野もしくは異分野による2課題のどちらでもかまいません。


学費・奨学金

入学金 30万円(本学園が設置する学校の卒業生には、入学金相当額を授業料から減免します。)
授業料 60万円(年額)〈予定〉
奨学金 日本学生支援機構、その他の奨学金を取り扱います。

社会人の方たちへ門戸を広げます

1. 土曜日・夜間等に講義を受けることもできます。

職業を有している等の事情により、平日昼間に就学が困難な学生については、一部科目について、学生と指導教員の合意のもとに、予め教授会の承認を得て、土曜日・夜間(16:30~21:20)等に講義を受講することができます。

2. 標準修業年限(2年)を超えて履修することもできます。

職業を有している等の事情により、標準修業年限(2年)を超えて(通常は3年間)、計画的に教育課程を履修することを希望する場合は、教授会の承認を得て、その計画的な履修を認めることがあります。


入学後上記の1または2の条件で履修を希望される方は、出願前に必ず入試・広報部にご相談ください。


オープンキャンパス

平成29年度
6月 4日(日)
7月 17日(月・祝)
8月 6日(日)
8月 20日(日)
9月 3日(日)
10月 9日(月・祝)

予約なしで当日お越しの場合も、当番の教員がご相談をお受けしますが、事前にご連絡いただければ、ご希望の研究分野等について、詳細にお答えできます。

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL