研究科公開発表平成28年度

平成29年2月6日(月)、平成28年度 公開発表会が開催され、大学院2年生5名の研究が発表されました。それぞれの発表を紹介します。すべての研究は、関西医療大学倫理委員会の承認を得て、対象の方からの同意を得て実施されています。


「立位での体重側方移動保持における移動側上肢側方挙上角度変化時の体幹筋活動について」 大沼 俊博

 

 立位での側方リーチの体幹機能を理解し理学療法へ応用するために、立位の側方移動での上肢側方挙上の体幹筋の筋活動を検討した。健常者25名(平均年齢27.0歳)に立位の側方移動での上肢側方挙上30・60・90・150・170度にて両側の前鋸筋、内・外腹斜筋単独部、外腹斜筋側腹部、腹直筋、多裂筋、腸肋筋、広背筋の筋電図積分値を測定した。非移動側の外腹斜筋側腹部、腸肋筋、広背筋の筋電図積分値が90・120度で0度に対し増加した。移動側の外腹斜筋側腹部、広背筋は150・170度で30度に対し増加した。90・120度の非移動側の外腹斜筋側腹部、腸肋筋、広背筋は体幹側屈運動の関与と考える。移動側の外腹斜筋側腹部、広背筋は静止性収縮の肢位保持と考えた。立位の側方移動での上肢側方挙上保持には体幹機能が重要となることが明らかとなった。


「立位での一側下肢への側方体重移動における姿勢変化・移動側下肢筋の筋活動パターン」 野口 翔平

 

 足部の機能障害で足部に加え骨盤・体幹の不良姿勢を認める症例を経験した。姿勢変化と足部周囲筋・股関節外転筋の筋活動パターンを検討した。対象は健常男性16名(年齢23.5±2.4歳)。直立位で足幅・足角を計測し、その後に2秒間で側方移動させた。動作場面のビデオ画像と足底圧中心、移動側中殿筋・前脛骨筋・腓骨筋群・後脛骨筋・小趾外転筋の筋電図を測定した。側方移動に伴い後足部は回外し、骨盤は水平位での移動から移動側下制した。中殿筋・前脛骨筋・後脛骨筋・腓骨筋群・小趾外転筋は足底圧中心の移動側変位に伴い筋活動が増加した。足角が大きい被験者は骨盤移動側下制と中殿筋の筋活動増加の早期化、前脛骨筋・腓骨筋群の筋活動増加の遅延を認めた。中殿筋は骨盤移動側下制に関与し、足角の増大は骨盤移動側下制の早期化、前脛骨筋・腓骨筋群の筋活動増加の遅延に関与した。


「運動イメージの想起能力は運動イメージでの脊髄神経機能の興奮性を変化させる―F波による検討―」 野村 真

 

 運動イメージを理学療法に用いる際にはその想起能力を考慮する必要がある。本研究では運動イメージの想起能力の違いによって複雑性の異なるイメージ課題における脊髄神経機能の興奮性がどのように変化するか検討した。対象は健常者18名(平均年齢24.3歳)とした。手のメンタルローテーションを用い反応時間の早い群10名と遅い群8名にわけ、それぞれ複雑性の異なる2種類の手指対立運動のイメージ中にF波を導出し安静時と比較した。 反応時間の遅い群において振幅F/M比は安静時と比較して複雑なイメージ課題で有意に増加した。運動イメージの想起能力が低い場合、複雑な課題をイメージすることで大脳皮質の賦活する領域が増大したために脊髄神経機能の興奮性が増大した可能性を考えた。


「2分間の運動学習後に行う運動イメージは脊髄神経機能の興奮性を増加させ運動の正確性を保持させる」 福本 悠樹

 

 運動イメージは運動実施が困難な場合でも、運動機能の低下を予防出来ると考えた。対象は健常者30名(平均年齢22.3歳)とした。安静と運動イメージ時のF波を測定すると共に、運動イメージ前後で50%MVCのピンチ課題を与え、運動の正確性を比較した。また別日に、イメージ試行無しのコントロールデータも計測した。運動イメージ時のF波出現頻度は安静より有意に増加した。また、正解時間は、イメージ群で課題間に差がなく、コントロール群では、課題1回目と比較して2回目で有意に低下した。また、50%MVCからの誤差率は、両群共に課題1回目と比較して2回目で有意に増加した。運動イメージを行わない場合、脊髄神経機能の興奮性は低下しないが、運動の正確性は低下した。運動イメージは、脊髄神経機能の興奮性を高め、運動の正確性を保持させることがわかった。


「2006年から2010年に全日本鍼灸学会学術大会で発表された鍼灸臨床試験の解析―特に研究の質について―」 志倉 敬章

 

 2006年から2010年の全日本鍼灸学会学術大会において発表された鍼灸臨床試験の質について調査した。2006年から2010年までの全日本鍼灸学会学術大会の抄録集から、ヒトを対象とし治療的介入を行ったRCTデザインの鍼灸臨床試験を対象とした。臨床試験の質の評価は、抽出された研究の基本情報(対象疾患、被験者数、割り付け群数、統計学的有意差など)、Cochrane Risk of BiasとJadad scoreを用いた。1340抄録のうち抽出されたRCTは66件(4.9%)であった。最も多かった症状は慢性腰痛7件(10.6%)、被験者人数の範囲は4人から210人の範囲、割り付け群数は2群が49件(74.2%)/3群以上が31件(25.8%)、統計学的有意差を検討しPositiveであった研究は46件(69.7%)であった。出版が確認された23件についてCochrane Risk of BiasとJadad scoreを用いて検討したところ、Cochrane Risk of Biasに関しては、ランダム化の適切さや割り付けの隠蔽が実施されていたのは15件(65.2%)、参加者、治療者、評価者の全てにブラインド化が実施されていたのは 10件(43.5%)、アウトカムデータの欠損はなかったのが23件(100%)、都合の良いデータのみの報告ではなかったのが20件(87%)、その他のバイアスはない22件(95.7%)であった。Jadad scoreに関しては、ランダム化の明記がある22件(95.7%)、ランダム化が適切である15件(65.2%)、ブラインドの明記がある11件(47.8%)、ブラインドが適切である9件(39.1%)、中断と脱落の明記がある23件(100%)であった。Jadad scoreの最高得点は5点、最低得点は1点、平均±標準偏差は3.48±1.24点であった。Cochrane Risk of Biasでは、RCTを実施する際の割り付け方法について明記をしていない研究が8件みられた。論文ではもちろんのこと、抄録であっても実施した内容は全て明記することが望ましい。また、介入のブラインディング化については、半数以上の13件で確認出来なかった。バイアスを最小限にするためにはブラインディング化を実施し、それを明記する必要がある。Jadad scoreについては、平均±標準偏差は3.48±1.24点と比較的良好であった。近年、CONSORT声明やSTRICTAの基準をもとにRCTが適切にデザイン、実施され始めてきている可能性が考えられる。2006年から2010年に全日本鍼灸学会学術大会で発表された研究発表の中で、RCTを抽出し研究の質を調査した結果、Jadad scoreは平均±標準偏差は3.48±1.24点と良好であったが、Cochrane Risk of Bias では割り付け方法の詳細や介入のブラインディング化の実施または記載の不足が確認された。


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL