保健医療学部 教員紹介鬼形 周恵子

鬼形 周恵子
おにがた ちえこ

メッセージ

 

基本的に診療所のリハビリ室にいます。質問、相談事、よかったらきてみてください。

プロフィール

氏 名 鬼形 周恵子 (おにがた ちえこ)
役職名 助教
担当科目(学部) 物理療法学、皮膚・感覚機能医学、麻酔蘇生学、義肢装具学、物理療法学実習、理学療法臨床セミナー、臨床評価実習、義肢装具学実習、理学療法研究法、リハビリテーション論Ⅰ
出身校 関西鍼灸短期大学 鍼灸学科、関西医療学園専門学校 理学療法学科
学 位 修士(心身健康科学)
取得資格 鍼灸師 理学療法士
専門分野(相談可能な分野)
  • 中枢疾患に対する理学療法
現在または未来の研究テーマなど 経穴刺激理学療法、F波を用いたイメージ研究
研究のキーワード 経穴刺激理学療法、筋電図学的分析、運動イメージ
所属学会 日本理学療法士協会、関西理学療法学会
主な研究業績
  • 麻痺側腹斜筋群の筋短縮により歩行時に麻痺側上肢に連合反応が出現していた右視床出血患者の一考察 平成18年 関西理学療法学会
  • 筋短縮と筋緊張異常の混在している脳卒中片麻痺患者へのアプローチは筋短縮の改善後に筋緊張異常へのアプローチが重要である 平成19年 大阪理学療法学術大会
  • 合谷への経穴刺激理学療法が胸鎖乳突筋の運動前反応時間に与える影響-刺激時間の変化にともなう検討 平成19年 近畿理学療法学術大会
  • 麻痺側腹斜筋群の筋短縮により歩行時に麻痺側上肢に連合反応が出現していた右視床出血患者の一考察 平成18年 関西理学療法学会
  • 筋短縮と筋緊張異常の混在している脳卒中片麻痺患者へのアプローチは筋短縮の改善後に筋緊張異常へのアプローチが重要である 平成19年 大阪理学療法学術大会 合谷への経穴刺激理学療法が胸鎖乳突筋の運動前反応時間に与える影響-刺激時間の変化にともなう検討- 平成19年 近畿理学療法学術大会

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL