保健看護学部 教員紹介石野 レイ子

石野 レイ子
いしの れいこ

メッセージ

専門職を目指す学生として、思いやりが深く(Compassionate)、探究心を持って努力を怠らないこと。そして学生生活において困ったとき、悩みがあるとき、迷うとき、学習でつまずいた時など、一人で抱え込まないで、周囲にはサポートがあることを忘れないでほしい。

プロフィール

氏 名 石野 レイ子 (いしの れいこ)
役職名 教授
担当科目(学部) 成人期の健康と看護、慢性期看護論、看護倫理学、看護学実習
出身校 武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科修士課程修了、広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期(マネジメント専攻)単位修得退学
学 位 臨床教育学修士
現在または未来の研究テーマなど 成人の運動習慣継続のための支援プログラムの実証的研究。手術療法後に生活上の障害を持って慢性的に経過している生活者のQOLとセルフマネジメントに関する研究。
研究のキーワード 生活習慣病、成人の運動習慣、支援プログラム、QOL、手術療法後の生活上の障害、健康増進
所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本健康心理学会、日本看護管理学会、日本看護学教育学会、日本慢性看護学会、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会
社会活動など 熊取町保健対策推進協議会委員
受賞など 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会賞(平成21年2月)
オフィスアワー 水曜日12~13時
主な研究業績 論文
  • オストメイトの生活と健康志向性および精神健康状態に関する研究,日本ストーマ・リハビリテーション学会誌24(3)pp109~117
  • 手術療法後の適応支援に関する研究-退院指導と保健医療福祉職連携についての外科系看護師長の認識-川崎医療福祉学会誌16(1)pp41~51
  • 看護教育における解剖遺体見学実習に関する質的研究-レポートの内容分析による学習内容の検討-日本看護教育学会誌 13(3) pp47~58
  • 女性オストメイトの生活安定に影響を及ぼす要因に関する研究.関西医療大学紀要 vol 4 99~108
  • 手術療法後の生活上の困難を伴う患者に関する文献研究.関西医療大学紀要 vol 5 99~108
  • 人工肛門保有者のサポートの検討「オストメイトの生活者としての認識から」関西医療大学紀要vol 6,p33-38
  • 術後患者の日常生活再構築における看護の役割-直腸がん術後患者の場合-広島大学マネジメント研究第4号pp165~174
著書
  • 看護と福祉-統合への志向-相川書房(共著)1988
  • ウェルビーイングの発達学,北大路書房(共著)2003
  • 実務者研修課程テキスト7―介護に関わるこころとからだ―.第7節.呼吸器疾患.pp137~145,2014. 第2版第1刷.日本医療企画(共著)
  • 国際学会
    • Consideration of the support program for keeping on physical activity for adults. ICN 25th, Melbourne,2013
    • The qualitative study of students' observation of cadaver dissection in nursing education -A Content analysis of nursing students' free flowing written impressions were completed of their observations -22rd Quadrennial Congress 2001
    • The Present Situation of Discharge Education for Post-operative Patients,Japan Academy of Nursing Science Fifth International Nursing Research Conference(Fukushima)2004
    • The Present Situation of Discharge Education and cooperation with medical teams for Post-operative Patients.23rd Quadrennial Congress 2005
    国内学会
    • 成人の運動習慣を継続するための支援プログラムの検討「支援プログラム参加者の事前調査と3か月後の評価」、第33回日本看護科学学会学術集会2013
    • 成人の運動習慣を継続するための支援プログラムの検討―運動支援による運動の成果と認識の変化から―、日本健康心理学会第27回大会2014
    • 成人の運動習慣を継続するための支援プログラムの検討「支援プログラム参加者の認識の分析」、第8回日本慢性看護学会学術集会2014
科学研究費など
学会の研究費の獲得状況
  • 介護老人保健施設における排尿誘導のイノベーション普及モデルの実証的研究(平成14年度~平成16年度)
  • 成人の運動習慣を継続するための支援モデルの開発(平成23年度~平成25年度)

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL