保健医療学部 臨床検査学科あと少し...

2017年01月27日


臨床検査学科 上北宏美

 こんにちは。臨床検査学科の上北です。
 やっと冬らしく雪が降る日もあり、街中や駅のホームでは防寒対策をしっかりとした人をよく見かけます。インフルエンザや風邪が流行っていますので、よくうがい手洗いをして楽しく冬を過ごせるようにしたいですね。
 さて、新年も1月の半ばを過ぎ、2月22日の臨床検査技師国家試験まで残りあと少しとなりました。まだまだ時間があると思っていても、あっという間です。これまでに学生たちは、模擬試験を何回か重ねてきました。その結果から、危機感を感じてきた学生たちは、夜遅くまで勉強したり、友達に教えてもらいながら勉強したりと、国家試験に向けて切磋琢磨しています。6年前に国家試験を受験しましたが、その時の私よりもはるかに勉強しているように感じます。誰かと勉強するというのは、分からない事柄を教えてもらえる、というメリットはもちろんのことですが、相手に教えるという作業で自分の知識の構築にも繋がる、というメリットがあります。現在の4年生は先輩がいないため、仲間で助け合いながらこれまで過ごしてきたので、良い勉強方法を身につけたのだと思います。私はやった後悔よりもやらなかった後悔の方が大きくなると考えています。学生たちにもあの時もっと勉強しておけばよかった、とやらなかったことを後悔することないように、あと少しみんなで時間を有効に使い、最後まで諦めずに取り組んでいただきたいです。
 当日の試験会場は大きく、緊張したり周りの鉛筆の音が気になったりもして、普段通りに集中できず焦ったのを覚えています。学生たちには当日緊張してこれまで勉強してきたことを発揮できなかった、ということがないように自信を持って勉強の成果を出し切って欲しいです。
 がんばれ4年生!!



学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL