保健看護学部 保健看護学科医療界のビルゲイツ、華岡青洲 

2017年03月10日


保健看護学科  樫葉 均

 小生、1960年に紀州で生を受け、今年で57歳。そのちょうど200年前(1760年)に郷里の誉れ、華岡青洲が生まれております。この男、「偉大な」という形容詞がピッタリの人物。学生さんには「医療界のビルゲイツ」と紹介しています。ビルゲイツはご存じの通り、今あるコンピュータ社会を誰よりも早く創造し、開拓してきた男。そして莫大な富と名声を手中に。なぜ、青洲が「医療界のビルゲイツ」かと言うと・・・

 1804年、紀州北部を流れる紀ノ川のほとりで"世界を揺るがす大事件"が起きます(と言っても世界はこのことを知らないのだが)。この時、青洲は44歳。西洋に約半世紀先駆けて全身麻酔による乳がん摘出術を成功させたのです。当時、医学的なバックグランドがほとんどない状況の中で(杉田玄白の「解体新書」はありました)、チョウセンアサガオ(曼陀羅華;まんだらげ)を主成分とする麻酔薬(通仙散)の開発に身を投じます。

 青洲の母と妻の加重は「この身体で人体実験をするように」と青洲に申し出ます。その結果、母は命を落とし加重は失明。悲しい結末が待ち受けていたのですが、この二人の女性が青洲を支えたのです。このあたりの詳細は、同郷の作家・有吉佐和子によって「華岡青洲の妻」という物語に。そして今では英訳され(「The Doctor's Wife」)、世界中の人たちにも愛読されているようです。

 ここで皆さん、考えてください。現在の医療の現場で「もし、全身麻酔の技術がなかったら?」と。彼の成し遂げたことは想像がつかないほどの偉業なんです。そしてもし、青洲がこの麻酔技術の特許を持っていたとしたら・・・。当時、ノーベル賞があれば確実に「医学生理学賞」。

 関西医療大学は大阪南部のちょっとした高台に位置します。ここから北西部に目をやれば、関西国際空港や明石大橋、淡路島、六甲山系を見ることができます。そして南部には和泉山脈の山々が東西に連なっています。その山の向こう側、紀ノ川平野で"世界を揺るがす大事件"が起こったわけです。



学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL