保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科やりがいある時間

2017年07月21日

 
 ヘルスプロモーションプロモーション整復学科の相澤です

 私はトレーニングや運動指導の専門家として、健康を目的とした一般の方への個別の運動指導や運動教室というような集団指導も行っています。これは現代社会のニーズに応える活動になっています。

 その一方で、私自身の趣味といいますかロマンともいえるかもしれませんが、将来プロスポーツ選手になりたいという夢を持っている少年や高校生の指導、プロスポーツ選手のトレーニングを指導するということもしています。

 私は、関西医療大学のキャンパスで選手の指導をする際には、希望する学生にはどんどん見学に来てもらいたいと思っていますし、来てくれた学生にはアシスタントをしてもらったり選手のカラダに触れてもらったり選手とのコミュニケーションも取ってもらっています。なぜならば、「プロ選手と触れた経験がまた次のプロ選手を呼ぶ」からです。

 ところで皆さんは、プロスポーツ選手への指導ってどんなイメージがありますか?
 妥協を許さない、厳しい世界と思われているでしょうか?
 確かに真剣な空気が漂うその空間は、外から見ると立ち入ることも恐ろしい空間に思えるかもしれません。しかし、その一方でお互いに敬意を持ちながら真剣にロマンを追求する時間は、まさに充実している極上の時間でもあります。
 皆さんは、真剣な相手の真剣な要望に真剣に応えていく経験をしたことがありますか。

 関西医療大学には、私の他にもプロスポーツ選手の指導にあたっている教員が多くいます。
 プロスポーツ選手の指導に興味のある方は、あとちょっとの勇気を出してそんな教員に声をかけてみてください。

 「プロスポーツ選手を相手にする」。関西医療大学の学生にとって、それはそんなに遠い世界の話ではありません。

YZ8A0587.JPGYZ8A4070.JPGYZ8A4381.JPGYZ8A4397.JPG


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL