保健医療学部 はり灸・スポーツトレーナー学科努力の... 

2018年01月19日


はり灸・スポーツトレーナー学科  百合邦子

  みなさんこんにちは。本年もよろしくお願いします。
 冬期休暇中はどのように過ごされていました?年度の切り替え時期は何かとゴタゴタしますよね。また、イベントがたくさんある時期なのでついつい遊んでしまうなど誘惑が多く、気づいたら何日も過ぎていた、という状態に陥りやすいうえに、厳しい寒さで体調を崩しやすい時期でもあります。まさに日頃の自己規律の精神・身体鍛錬が試される時節です。
 さて、今私のお財布には"努力の石"(写真)という平らで小さな石が入っています。これは長年愛用している、我が家の学習机を掃除していたら出てきたものです。高校生の頃に当時の教員から貰ったものです。私の通っていた高校では長期休暇中に勉強合宿があり、その時参加していた学生に配布されました。この石をみると、目標に向かって頑張っていた自分を思い出します。
 この前、大学に卒業生が久しぶりにたずねて来ました。彼は卒業後、働きながらトレーナーの資格を取得し、現在その資格を活かして働いているとのことでした。ところでみなさん、社会人になり、働きながら資格を取得することは本当に大変です。フルタイムで働いていれば、当然、勉強時間の確保が難しいので、睡眠時間をけずり、遊びの誘惑にも耐え、勉強をしなければなりません。1回の受験で合格しなければ再度受験しないといけません。そのモチベーションを保ち続けるのはなかなかできることではありません。話を聞いているうちに、彼の努力の軌跡に、とても感銘を受けました。自分の目標に向かって努力をするのは本当に素晴らしいことだと思います。
 彼に比べて、自分はどれだけ頑張れているのだろうか、まだまだ余力はある。気持ちが挫けそうになると、彼の話と努力の石をみて、自分の気持ちを奮い立たせています。
 努力のすべてが報われるのかどうかは分かりませんが、努力に工夫を重ね、前に進むことで何らかの道は開けてくると思います。一緒に頑張りましょう!
0119.jpg

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL