保健医療学部 臨床検査学科夢に向かって、一歩一歩、コツコツと!

2018年02月09日


保健医療学部臨床検査学科 戸田静男

 世界の人口は、2011年で約70億人だそうです。今年2018年では、もっと増えているでしょう。人間の細胞の数はいくらでしょうか?成人では、約60兆個の細胞があります。とてつもない数の細胞があります!ほとんどの細胞には、核がありその細胞の機能をコントロールしています。また、ミトコンドリアやリソソームのような細胞小器官とよばれる様々な役割を持った部品があります。細胞の集団は、組織とよばれています。組織は単なる細胞の集団ではなく、それぞれの機能を持っています。たとえば、筋細胞の集団は筋組織で、体の運動機能をつかさどっています。ただし、筋肉は勝手に動きません。多くの筋肉は神経の指示によって動きます。また、神経の指示によって筋肉は動きをコントロールし停止します。このように、組織や細胞は協調性を以て働いています。細胞をヒトにたとえるなら、人体は人間社会といえるかもしれません。
 細胞は、最初から大人ではなく、赤ちゃんの時期があって成熟していき、立派な細胞になって活躍してくれます。そして、細胞によっては老化していき除去されるものもあります。青年期は、細胞の活性が一番盛んな時です。未来、将来に向けてどのような人生を過ごすのか?また、社会にどのように貢献、役割を担って協調していくのか?夢多き年代ですね!悩みもあると思いますが、楽しみでもありますね!いずれにせよ、夢に向かって、一歩一歩、コツコツと努力してゆけば、夢は叶います!大いに飛躍してください!


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL