保健医療学部 作業療法学科夏のオープンキャンパス

2018年08月24日

作業療法学科 木村大介

今年の夏は全国的に大変な猛暑が続いています。関西医療大学でも定期試験を終え学生にとっては楽しみな夏休みが始まりますが、大学での夏休み期間の最大イベントは、なんといってもオープンキャンパスです。

 関西医療大学のオープンキャンパスでは、大学の学生生活やキャンパスの説明などで学生が大活躍しています。他学科では上級生がオープンキャンパスに参加していますが、作業療法学科は今年4月開設のため1回生のみが在籍しています。したがって、オープンキャンパスにおいても、おのずと1回生が頑張ることになります。

まだ大学に入学して4か月しかたっていないため、たどたどしい説明で、保護者からの質問に顔を真っ赤にしてしまうこともありますが、大学の良さや大学生活の楽しさを一生懸命伝えようとする姿は、高校生や保護者にも、その熱意が伝わっていると思います。先輩がいなく自分たちで道を切り開かなければならない1期生ですが、それと同時に1期生しか味わえない貴重な経験を重ねていると感じています。これから4年間で力強く成長し、胸を張って卒業できるように、我々教員も共に頑張っていきたいと思います。

写真は、学生に手伝ってもらい、オープンキャンパスでドライブシミュレーターとアイトラッカーを使い、自動車運転中の視線分析を来場者に説明している場面です。写真からも一生懸命さが伝わってきます。082401.jpg082402.jpg


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL