保健医療学部 はり灸・スポーツトレーナー学科「仕事」と「資格」について

2018年11月02日

はり灸・スポーツトレーナー学科 寺岡祐助

「将来の夢」という作文を小学生の時に書いた覚えがあります。皆さんも経験されたことでしょう。今、同じテーマで作文を書こうとすると、少し恥ずかしい感じがしますよね。ある程度現実が見えてきた中で将来を考えるのは、勇気がいることです。よく夢を持つことが大切だと言われます。私も同感です。良い作文が出来上がるかどうかが重要なのではなく、自分の将来を考える過程で人は成長すると考えるからです。
そんな将来を考えるにあたり、多くの人が仕事や資格について調べるかと思います。私が関わる医療やスポーツといった業界でも多くの「資格」が存在します。直接手を施して治療することが出来る資格、運動を指導出来る資格等さまざまです。それぞれの領域をしっかり学修した証とも言えるでしょう。それらの資格に共通するものがあります。それは人を健康に導くということです。私はこれを「仕事」と捉えています。○○という資格を持っていたら有利だとか、△△を持っていると給料が良い等も考えるでしょう。それも大切なことです。しかし、そもそも人を健康に導くという仕事を本気で考えているか?自分自身に問いただしてみて下さい。厳しい言い方ですが、その「仕事」の気持ちが無いまま「資格」を求めるとなかなか身が入りません。
私達は人に影響を与える職業です。自分が人から必要とされて満足することを最終地点にしてはいけません。
人を健康に導く「仕事」であると自分が納得し、どのような方法で人に影響を与えるかという「資格」を考えて将来を描いてもらいたいと思います。人を健康に導く思いがあり、鍼灸師やスポーツトレーナーを目指すと決めた方。是非共に勉強しましょう!
私の仕事は多くの人を健康に導くことです。そのために鍼灸師、アスレティックトレーナーといった資格を活用しています。

1102.jpg

※写真は私が鍼を使って「仕事」をする瞬間です。


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL