保健医療学部 作業療法学科いよいよ初の臨床実習

2019年02月15日

作業療法学科 大歳太郎

後期の定期試験が終わり、作業療法学科1回生は、春休みを迎えました。少しの休みをはさみ、 2月末から3月初旬にかけていよいよ2日間を3施設回る臨床実習(見学)が行われます。

臨床実習を見据え「作業療法安全管理学」の講義では、医療事故やその対策、そして感染症や感染症予防について学びました。また、実習地への電話のかけ方や挨拶の仕方などについて、口頭試問も行いました。緊張している様子が伝わる学生、堂々と自信をもって実践できる学生など、さまざまな姿が見られました。

作業療法の臨床では、これらの講義で学んだ内容に留意した実践がなされています。安全に目的をもって臨床実習に臨み、作業療法のおもしろさや奥深さを発見してください。


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL