理学療法学科の特色

「治せるセラピストを養成する」を目標に以下の特色を掲げます。


  

1 東洋医学との連携ができる人材の育成

理学療法は、障害回復の手助けをし、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)を
向上させる治療方法であるため、全人的な視野を持つ東洋医学に通じる面が多い。
理学療法において東洋医学的視点からアプローチできることは
本学の大きな特徴である。
理学療法学と東洋医学との連携を図ることで、より人にやさしい治療活動の
実現に結びつけていきたい。

2 神経難病、精神疾患分野に強い人材の育成

本学では、神経難病や精神疾患の医療および理学療法の臨床・研究面でも実績を重ねてきた。
この分野の理学療法に関する教育を行い、理学療法が従来から対象としてきた領域に加えて、新しい活躍の場の開拓につなげていく。

3 スポーツ領域に強い人材の育成

理学療法では「起き上がる」「立ち上がる」「歩く」など日常的に行う基本動作だけでなく、「走る」「跳ぶ」「投げる」などスポーツ活動に必要となる動作へのアプローチも可能です。本学科では、国際的に活躍するトップアスリートのサポート経験を持つ講師陣が、自らの研究成果を踏まえながらスポーツ障害に対応できる理学療法士の育成を目指します。スポーツ選手が訴える「痛み」や「違和感」を取り除くことはもちろん、理学療法が選手のパフォーマンスをも向上させられる可能性をもつことを追求していきます。

※ 本学科では併設する日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成コースの授業の一部を受講することも可能です。

4 科学的見地で理学療法を追及する人材の育成

教員指導のゼミで研究活動をおこないます。その活動を卒業後も実施し、研究成果を学術大会、学術論文で発表します。このような活動を通して、新しい理学療法を開発し、理学療法士をリードする人材を育成します。

5 臨床実習重視のカリキュラム

本学は、「臨床実習は、学内教育の体験学習である」と考えている。そのためには、
臨床実習の指導水準を本学の教育水準に合わせることが重要である。
そこで、理学療法関連科目は全て本学教員が中心となって執筆したテキストを
用いて講義し、具体的な実習指導方法について教員・実習指導者が相互に確認することで臨床実習を円滑にする。
本学では、3施設(1施設は8週間)での臨床実習を実施しており、
その他の見学実習なども豊富におこなうことで優れた臨床家を養成する。

このページのトップへ