社会貢献活動第30回公開講座 報告

 平成27年10月17日に関西医療大学の第30回公開講座が実施されました。参加者は233名でした。  

 今年度のメインテーマは、「転倒しない身体づくり」という生活に密着した内容でありました。はじめの講演では、札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学科の古名丈人先生をお呼びして転倒予防についてお話をしていただきました。御講演は、転倒についての研究から科学的根拠を踏まえた立場より、環境的な因子に加えて身体的な予防策について、簡便な実技を含めた内容を教授していただきました。

 その後、「転倒予防の運動療法」というテーマでシンポジウムが行われました。シンポジウムでは、本学の米田浩久先生から転倒予防に向けた姿勢の改善というテーマで座って行える体幹の運動療法についてのお話と実技があり、さらに準研究員である佐々木英文先生からは、運動イメージを取り入れた転倒予防対策を足趾の運動をイメージする方法を提示してお話しいただきました。  

 会場の参加者の皆様からも、ご自身の経験からの質問や今後の取り組み方について熱心な質問が続き、盛大に講座を終了することができました。

IMG_2068.jpg

大学についてABOUT US