3つのポリシーはり灸・スポーツトレーナー学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、医療を通じて社会に貢献しようという強い意志、実践的かつ専門的な医療知識と高度な医療技術、そして医療人としての幅広い教養と人間性を備えた人材を育成することを教育上の目標としています。そのため、本学の各学部・学科では次のアドミッション・ポリシーを定め、それぞれの医療専門職を目指す人たちを広く求めています。

はり灸・スポーツトレーナー学科のアドミッション・ポリシーは次のとおりです。

  1. 独立開業をめざし、地域医療の現場でリーダーシップを発揮しようとする人
  2. スポーツの現場が抱える課題について、医療の立場から取り組もうとする人
  3. 病院等においてチーム医療の一翼を担う高い専門性をもとうとする人
  4. 東西両医学やスポーツ医学において、自由な発想と旺盛な探究心をもって研究に取り組もうとする人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学は、大学全体および各学部・学科のディプロマ・ポリシーを満たし、建学の精神を実践する医療人を育成するため、授業科目全体を全学共通の総合教育科目と各学部・学科における専門教育科目に分け、学科ごとに学年進行に沿って学修効果が高まる体系的な教育課程を編成し、それぞれに特色ある医療教育を実践しています。

はり灸・スポーツトレーナー学科のカリキュラム・ポリシーは次のとおりです。

  1. 1年次には、幅広い見識を高めるために科学的思考やコミュニケーション能力などを養う総合教育科目を配当する。また、基礎医学の知識を養う専門教育科目、鍼灸の基礎技術を習得する実習科目や、スポーツトレーナーの役割を学ぶ見学実習など資格取得の基礎となる科目を配当する。
  2. 2年次には、東西両医学の専門教育科目を配当する。また、学生の進路を見据え、健康運動実践指導者やアスレティックトレーナーなどの資格取得に必要な専門科目や実習科目を配当する。
  3. 3年次には、基礎の学びと鍼灸臨床・健康・スポーツ現場をつなぐ専門教育科目を配当する。東洋医学系教育では様々な治療法を鍼灸治療につなげる科目を配当し、アスレティックトレーナー教育では基礎知識を生かし、より専門性の高い講義や実習科目を配当する。
  4. 4年次には、学んだ知識と技術の実践・習得を行う臨床実習科目、治療所実習科目、総合演習科目を配当する。東洋医学系教育ではスポーツ・レディース・伝統鍼灸など専門性を深める科目や、将来を見据えたインターンシップ実習を配当する。また、アスレティックトレーナー教育では認定試験に備える総合演習・実習を配当する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西医療大学は、建学の精神に基づき、卒業認定に必要な所定の単位を修得し、将来の地域医療を担う医療人に求められる次の素養を身につけた学生に、学士課程の学位を授与します。

  1. 広い一般教養と医療人としての高い倫理観、道徳心
  2. 社会の要望に応えうる高度な医療知識と技術
  3. 他者の痛みを感じ取れる感性と他者を優しく包む人間性
  4. 医療人の社会的責任を自覚し、自律的に行動する主体性
  5. 社会に貢献できる協調性とコミュニケーション能力
  6. 広い視野で社会の情報を収集し、問題を解決する能力

はり灸・スポーツトレーナー学科のディプロマ・ポリシーは次のとおりです。

  1. 総合教育科目24単位、専門教育科目104単位、合計128単位を修得している。
  2. 鍼灸師として東西両医学の知識を併せもち、高い専門性を有している。
  3. 鍼灸学の知識・技術をもつスポーツトレーナーとして、最適な解決策を実践することができる。
  4. 医療人としての責任を自覚し、奉仕の精神をもって社会に貢献することができる。

本学科受験に向けて

はり灸・スポーツトレーナー学科では、はり灸(鍼灸)か(or)スポーツトレーナーか、ではなく、はり灸(鍼灸)と(and more)、高い専門性をもった鍼灸師、もしくはスポーツトレーナーを目指します。
本学科では以下のとおり、将来に向けて2つの領域を設定しています。特に'スポーツトレーナー'を志望して入学してくる学生が年々増加しています。これも鍼灸師の資格を生かしてアスリートの能力を維持・向上できるスポーツトレーナーということです。スポーツに携わる多くの医療職の中で、鍼灸の独自性(identity)を最大限に発揮できるトレーナーということです。
そのために、本学科を目指す学生には、鍼灸(師)のことを充分にリサーチしておくことが大切です。日本では、鍼灸と漢方を両輪とする医学領域を東洋医学といいますので、東洋医学をキーワードに本を探して、事前に東洋医学の身体観などに触れておくことも大事です。一度、鍼灸治療を体験しておくこともお勧めします。
さらに、学生に臨むことは、自己を分析し、大学4年間でその結果をいかに伸ばしていくのか(自分時間の活用)を考えてもらいたいと思います。カリキュラムから何が学べるのか、そこから何を学んで将来に繋げるのかシミュレーションしておくことも大事です。

大学についてABOUT US