3つのポリシー大学院

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学大学院は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、保健医療に関する基礎研究、臨床研究を通じて、保健医療の科学化と学問体系の確立を目指すとともに、将来、我が国の保健医療に役立つことを目指す熱意のある次のような人たちを広く求めています。

  1. 高度な専門知識と技術を持ち、保健医療の中で指導的な役割を果たそうとする人
  2. 医師や他の医療スタッフと連携して保健医療にあたろうとする意欲をもつ人
  3. 保健医療分野における科学的研究の第一線に立ち、我が国の保健医療の発展に寄与しようとする研究意欲が旺盛な人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学大学院の教育課程には、保健医療学や医療倫理学をはじめとして、基礎医学と臨床医学における科学的知識を幅広く身につけるための共通教育科目と、保健医療学分野における専門性を高め、高度専門職業人に必要な技術と知識を学ぶ専門教育科目、および研究の基礎能力を修得するための特別研究科目を配当しています。特に、専門教育科目では、大学院学生が選択した科目における最先端の研究内容を学修し、研究能力および高度な臨床能力の基礎を強化することを目指しています。


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西医療大学大学院は、建学の精神に基づき、所定の単位を修得し、保健医療に関する学術の理論および応用を修得し、学位論文審査およびこれに関連のある学科目について最終試験を受け、大学院教授会が修了に相当すると認めた者に修士(保健医療学)の学位を授与します。


大学についてABOUT US