3つのポリシーヘルスプロモーション整復学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、医療を通じて社会に貢献しようという強い意志、実践的かつ専門的な医療知識と高度な医療技術、そして医療人としての幅広い教養と人間性を備えた人材を育成することを教育上の目標としています。そのため、本学の各学部・学科では次のアドミッション・ポリシーを定め、それぞれの医療専門職を目指す人たちを広く求めています。

ヘルスプロモーション整復学科のアドミッション・ポリシーは次のとおりです。

  1. 柔道整復師として独立開業をめざし、地域医療の現場で医療・福祉に貢献しようとする人
  2. 医療の知識を身につけ、スポーツ施設、接骨院、病院、福祉施設等で適切な運動やスポーツを指導・助言できる役割をめざそうとする人
  3. 地域においてフィットネスの維持や向上のための指導・助言を医療やスポーツ科学の知識をもって行うことをめざす人
  4. 柔道整復やヘルスプロモーション(健康増進)について科学的視野に立ち研究分野の道を切り開こうとする人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学は、大学全体および各学部・学科のディプロマ・ポリシーを満たし、建学の精神を実践する医療人を育成するため、授業科目全体を全学共通の総合教育科目と各学部・学科における専門教育科目に分け、学科ごとに学年進行に沿って学修効果が高まる体系的な教育課程を編成し、それぞれに特色ある医療教育を実践しています。

ヘルスプロモーション整復学科のカリキュラム・ポリシーは次のとおりです。

  1. 1年次には、保健や医療の従事者として必要なコミュニケーション能力や臨床時に必要な人間の心理などについて学ぶ総合教育科目と、人体の構造と機能、柔道整復術や健康運動指導の基盤となる専門教育科目を配当する。
  2. 2年次には、病理学などの基礎医学科目から内科、外科領域の臨床医学科目まで幅広く配当し、疾病と障害の成り立ちやその概念について教授する。また、整復学の基礎技術に関する講義、実習科目も配当する。
  3. 3年次には、整復学の各論や柔道実技科目を配当し、柔道整復に関して具体的、実践的に教授する。また、健康指導の際に必要となるスポーツおよびフィットネスに関する科目も配当する。
  4. 4年次には、主に柔道整復の実践的な治療技術を習得するための臨床実習科目を配当する。また、症状や疾患に応じて学ぶための最新の西洋医学関連の科目や代替医療に関する科目も配当する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西医療大学は、建学の精神に基づき、卒業認定に必要な所定の単位を修得し、将来の地域医療を担う医療人に求められる次の素養を身につけた学生に、学士課程の学位を授与します。

  1. 広い一般教養と医療人としての高い倫理観、道徳心
  2. 社会の要望に応えうる高度な医療知識と技術
  3. 他者の痛みを感じ取れる感性と他者を優しく包む人間性
  4. 医療人の社会的責任を自覚し、自律的に行動する主体性
  5. 社会に貢献できる協調性とコミュニケーション能力
  6. 広い視野で社会の情報を収集し、問題を解決する能力

ヘルスプロモーション整復学科のディプロマ・ポリシーは次のとおりです。

  1. 総合教育科目24単位、専門教育科目104単位、合計128単位を修得している。
  2. 健康、ヘルスプロモーション、スポーツならびに柔道整復に関する十分な専門知識と技術を習得している。
  3. 幅広い視野から物事をとらえ、奉仕の精神をもって社会に貢献できる。
  4. 医学的知識に基づく健康指導や運動プログラミング、また、スポーツ傷害に対する応急処置ができる。

大学についてABOUT US