3つのポリシー臨床検査学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、医療を通じて社会に貢献しようという強い意志、実践的かつ専門的な医療知識と高度な医療技術、そして医療人としての幅広い教養と人間性を備えた人材を育成することを教育上の目標としています。そのため、本学の各学部・学科では次のアドミッション・ポリシーを定め、それぞれの医療専門職を目指す人たちを広く求めています。

臨床検査学科のアドミッション・ポリシーは次のとおりです。

  1. 主体性をもって勉学に励むことができる人
  2. 人間と人間の健康に深い興味をもち、それを探求する意欲のある人
  3. 病者の心を理解し、寄り添い、思いやることができる人
  4. 高い専門性を身につけ、チーム医療の一翼を担う目標をもった人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学は、大学全体および各学部・学科のディプロマ・ポリシーを満たし、建学の精神を実践する医療人を育成するため、授業科目全体を全学共通の総合教育科目と各学部・学科における専門教育科目に分け、学科ごとに学年進行に沿って学修効果が高まる体系的な教育課程を編成し、それぞれに特色ある医療教育を実践しています。

臨床検査学科のカリキュラム・ポリシーは次のとおりです。

  1. 1年次には、幅広く見識を高めるために科学的思考やコミュニケーション能力などを養う総合教育科目を配当する。また、人体の構造や機能を学ぶ基礎医学科目や臨床検査学の基礎に関する専門教育科目を配当する。
  2. 2年次には、臨床検査学の各論を扱う講義および実習科目を配当し、臨床検査に関する理解を深め、専門知識を豊富にする。また、生理機能検査学系専門科目も配当し、患者を対象とした臨床検査の実践についても教授する。
  3. 3年次には、臨床検査学の実習科目を多く配当し、臨床検査技師に必要な専門技術について具体的に習得する。また、学外実習病院での臨地実習科目を配当し、現場における臨床検査技師としての自覚を培う。
  4. 4年次には、研究の素地を培う卒業研究、専門性を深めるエキスパート検査学、さらに卒業後の多様な職業選択のための第一種衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生監視員の資格取得を目指す各コースに対応した科目を配当する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西医療大学は、建学の精神に基づき、卒業認定に必要な所定の単位を修得し、将来の地域医療を担う医療人に求められる次の素養を身につけた学生に、学士課程の学位を授与します。

  1. 広い一般教養と医療人としての高い倫理観、道徳心
  2. 社会の要望に応えうる高度な医療知識と技術
  3. 他者の痛みを感じ取れる感性と他者を優しく包む人間性
  4. 医療人の社会的責任を自覚し、自律的に行動する主体性
  5. 社会に貢献できる協調性とコミュニケーション能力
  6. 広い視野で社会の情報を収集し、問題を解決する能力

臨床検査学科のディプロマ・ポリシーは次のとおりです。

  1. 総合教育科目24単位、専門教育科目104単位、合計128単位を修得している。
  2. 臨床的な病態を的確に把握した上で正確に検査を遂行できる。
  3. 奉仕の精神と豊かな人間性をもち、患者を思いやることができる。
  4. チーム医療の一員としての職責を果たすことができる。
  5. 学問としての臨床検査を追求することができる。

大学についてABOUT US