はり灸・スポーツトレーナー学科吉松 大樹さん

吉松 大樹さん

一生懸命

吉松 大樹さん
  • 和歌山県立医科大学 みらい医療推進センター げんき開発研究所 勤務
  • 関西医療大学 鍼灸学科 スポーツトレーナーコース(現はり灸・スポーツトレーナーコース) 平成24年3月卒業

本学を選択した理由

私は、幼い頃から何かスポーツに関わる仕事に就きたいと思っていました。就職について真剣に考えていた時に、母校の先生から関西医療大学のスポーツトレーナーコースを紹介してもらったのがすべてのきっかけでした。当時はスポーツトレーナーについて詳しいことはよく知りませんでしたが、スポーツ選手と直に関われる仕事に魅力を感じ勉強していきたいと思いました。関西医療大学を志望する決め手となったのは、スポーツトレーナーとして活躍の幅が広がると感じた「鍼灸の勉強が並行してできる」といったところでした。


学生生活を振り返って

一言で言うと、最高な学生生活でした。
本気で挑めば挑んだ分だけ返ってくるものがある、そんな素敵な環境が関西医療大学にはありました。
プロフェッショナルの先生方、クラブ活動や学校行事でなにかと協力して下さる学務課の方々、それぞれいろいろな考えを持つ学生の仲間達、本当に温かく、熱い気持ちを持った人間がいる素敵な場所でありました。楽しいことだけではなくつらいこともありましたが、何事にも全力で取り組めたので、すべてが良い思い出です。


就職活動について

自分は「何がしたくて関西医療大学に入学したのか」という原点の気持ちを大切にして就職先を決定しました。入学以前に少しばかり社会人を経験していたこともあって、自分の素直な気持ちが一番大切であることを知っていました。進路について、現実的に考えるといろいろなことが頭をよぎりますが、単純にわくわくする方向へ進むのがいいのかなと思っています。


現在の仕事について

研究所のトレーニングフロアで、一般の会員様に対するトレーニング指導や、和歌山の国体選手に対するトレーニング指導、各種測定などを主に行なっています。また、その他のスポーツ団体様に対しても、医科学の面からサポートをさせて頂いています。


アドバイス

社会に出るということは、人と関わっていくことのように感じます。私たちは、専門家として知識や技術を身につけることが必要ですが、それだけにとらわれず、学校行事やクラブ活動に全力で取り組むことが将来の社会貢献に繋がるのではないかと思います。存分に楽しんだひとは、楽しみたい人の気持ちがわかると思いますし、なにかに一生懸命取り組んだひとは、立場が変わったときに感謝の気持ちを知ると思います。思う存分、大学生活を満喫してください。


就職・進路CAREER