はり灸・スポーツトレーナー学科KOURI鍼灸整骨院(谷山整骨院グループ)

  • 谷山 慶子院長(平成19年3月卒業)
  • 東岡 美月さん(平成23年3月卒業)
  • 矢萩 あずささん(平成25年3月卒業)
  • 福西 由実さん(平成26年3月卒業)

関西医療大学を志望した理由(福西 由実さん)

私は、高校3年生になるまで進学については全く考えていませんでした。進学を希望し、大学探しをして行く中で、スポーツ関連の分野に興味を持ち、幾つかの大学のオープンキャンパスに参加しました。正直なところ、関西医療大学は3年生の夏休み終了時まで全く知らなかったのですが、ネットで大学情報を調べていくうちに凄く興味が湧き、実際にオープンキャンパスに参加しました。その中でのテーピング実演や、鍼灸体験をすることができ、自分自身も関西医療大学に入学し、医療、スポーツに関連したことをさらに勉強していきたいと感じ入学を決意しました。 入学後もスポーツと医療との融合を感じることができました。当初は、漠然とした入学動機でしたが、学生生活を過ごす中で医療知識や治療技術など沢山のことを学ぶことができ、現在ではOGが営む施術所に勤務することができ、さらにスキルアップを求め日々勉強を継続しています。


学生生活を振り返って(矢萩 あずささん)

本学は高学年になるにつれて、実技・実習授業が増えていきます。特にスポーツ関連の実習授業においては、実際に指導教員の下で、外部の方々と触れ合う機会が多数ありました。それを経験することで、将来の施術や健康指導をイメージをすることができ、さらに勉強する意欲が湧いていきました。 その際に強く感じたのは、大学での基本的な座学の大切さです。特に解剖学と生理学といった分野については、これらをしっかり理解していくことで施術効果にも相当な影響があることを痛感しています。


進路決定について(東岡 美月さん)

卒業後の進路決定については、大学の担任教員ならびに授業担当教員やキャリア支援課職員の方々と相談し、自分が希望する施術方法や将来目標に沿った勤務先を紹介して頂き入職しました。現在、勤務しているKOURI鍼灸整骨院(谷山整骨院グループ)への入職に関しては、就職活動として施術所の見学に伺った際、OGや女性鍼灸師の先生方が主体となって働いている様子を拝見し、自身の将来像をリアルに考えることができました。 今では、「こんな治療家になりたい!」と、感じることのできる施術所を紹介いただいた大学に感謝しています。


現在の仕事内容(谷山 慶子院長)

kouri-2.JPG本院は整骨・鍼灸は勿論、美容鍼灸・エステ・リラクゼーションを取り入れている施術所です。急性外傷の捻挫・打撲・挫傷の処置、鍼灸では運動器疾患にはじまり、内臓系、神経系やホルモン系に起因するものに関してはもちろん、原因がよくわからない不定愁訴などにも対応できる幅広い施術法です。特に美容鍼灸に力を入れており、顔バリは人気のメニューとなっています。鍼を苦手とする方には、フェイシャルマッサージやボディマッサージを取り入れています。全ての人にあったオーダーメイドの施術ができる施術所を目指しています。


就職・進路CAREER