ヘルスプロモーション整復学科井上 達哉さん

inoue1.jpg

気持ちで向き合う

井上 達哉さん
  • ササキ鍼灸整骨院 勤務
  • 関西医療大学 ヘルスプロモーション整復学科 平成28年3月卒業

本学を志望した理由

小学生の時から野球をしていた中で、ケガをすることが多く悩まされてきました。 医療従事者の方にお世話になったのが、高校生の時で、ケガについて知識がなかった私は、先生の指導の下で自分のケガとしっかり向き合い、高校野球を最後まで続けることができました。 高校を卒業してから進路を決めるときに、お世話になった先生方のような、ケガで悩んでいる人の為になる仕事がしたいと思い、医療関係の仕事を調べ、柔道整復師という資格を知りました。そして柔道整復師の資格が取れる関西医療大学を志望しました。 関西医療大学には、プロ野球選手を指導されている先生や、国家試験合格を目指して親身に寄り添ってくれる先生がおられるということが決め手でした。


学生生活を振り返って

勉強面では、国家試験合格に向けて一年生のときは、基礎をしっかり学び、学年が上がるに連れて、専門的になり、知識と技術ともにしっかりと勉強させて頂きました。振り返ると大学で学んだことは現在すごく活きてきています。 そして、私が学生生活を通して一番感じているのは、たくさんの人と出会うことができ、本当におもしろかったことです。間違いなく、私の人生のターニングポイントになりました。


進路決定

大学を卒業してからは、関西医療専門学校に進学し、鍼灸の国家資格を取得しようと考えていました。 ご縁があり、専門学校の近くにある鍼灸接骨院に就職しました。


現在の仕事について

午前、午後と鍼灸整骨院で勤務し、昼休憩の間で専門学校に通っています。 施術中は、患者様お一人お一人訴えられる痛み、症状に対して、全力を尽くします。 また、地域の方々を対象に運動教室を開いたり、野球をしている中学生のパーソナルトレーニングもさせて頂いています。 活躍できた、メンバーに選ばれたなど、報告が入ると嬉しいですね。

inoue3.png inoue2.jpg

その他(アドバイス)

将来、なりたいと思う自分が少なくともあるはずです。大学生活は、それに近づくけるかどうか、過ごし方で変わってきます。選択に迷ったとき、学生のうちは、チャレンジして下さい。  今から行動を起こし、一つでも自分の財産を増やして下さい。 要するに、早く卒業したいと思えるくらい頑張ってみて下さい。


就職・進路CAREER