理学療法学科斉田 光夏さん

斉田 光夏さん

治せるセラピスト

斉田 光夏さん
  • 社会医療法人 弘道会 萱島生野病院
  • 関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 平成24年卒業

関西医療大学を志望した理由

医療の職種に興味を持っていた時、理学療法士という職業を知りました。スポーツとは全く無縁で、リハビリで理学療法士と触れ合う機会もありませんでしたが、昔、母が祖父の介護をしていたことを思い出し、リハビリで患者様だけでなく、ご家族の支えにもなる仕事に魅力を感じました。


学生生活を振り返って

振り返ると思うのは、「やっぱり勉強が大変だったな」ということです。テスト、臨床実習、実技試験、国家試験対策...。でも、とても濃く楽しい4年間でした。それに実際に臨床に出てみると、授業で聞いたことやノートにまとめたこと、実習で得たことを思い出すことが多く、また、もっと多くの知識を入れておきたかったと思うことも多いです。


進路決定

進路については、先生方やキャリア支援の方々に徹底的にサポートしていただけたので、学生の多くは国家試験対策に集中して取り組めたのではないかと思います。私は臨床実習でお世話になった当院"萱島生野病院"に就職させていただきましたが、大学の就職説明会では、お世話になった実習先以外の施設のことについても詳しく知ることができました。私ははじめ、どんな施設で働きたいか定まっていなかったのですが、まず、今後の自分の目標を決め、今の就職先で頑張りたいと思いました。


現在の仕事内容

様々な疾患の患者様の治療をさせていただいています。毎日わからないことがあり、毎日新しいことを知ります。現在は働き始めて数ヶ月ですが、患者様にとっては経験年数は関係なくリハビリの先生なので、しっかりと頼りになる先生になれるよう、また、いつまでもわからないことを追求し続けられるようなセラピストになれるように頑張っています。


その他(アドバイス)

理学療法士として今年から働いていますが、実際に治療してみないとわからないことが山程あります。また正直、体力の面や責任感など、しんどいことも多々あります。でも困った時は、先輩の先生方がいつも優しく教えて助けてくれます。それに患者様の笑顔や、リハビリを楽しみにしていくれていると元気になり、この職業を選んでよかったなと思います。学生のみなさんも勉強で毎日忙しいと思います。実習など投げ出したくなることもあると思います。でも大変な時は先輩や友達、先生とたくさんコミュニケーションをとり、いろんなアドバイスをもらって負けずに楽しく頑張って下さい。


就職・進路CAREER