理学療法学科山本 将揮さん

山本 将揮さん

「治せるセラピスト」になれるように貪欲に頑張る

山本 将揮さん
  • 医療法人柏友会 柏友会楠葉病院 勤務
  • 関西医療大学 理学療法学科 平成25年3月卒業

本学を選択した理由

高校生の夏に志望校を本格的に決めなければならないとなり、自分の本当にしたい事について考えました。その時に、自分自身が怪我をして野球が出来なくなったこと、リハビリを一生懸命してくださった職業の方がいたことを思い出し、理学療法士という仕事を知りました。そして、怪我や病気になったとしてもリハビリをし、患者さんが再び好きな事を思う存分していただけるような理学療法士になりたいと思いました。それから志望校を探し始め、臨床実習が多い事、スポーツにも強い事、「治せるセラピスト」という言葉に惹かれて、関西医療大学を受験しました。


学生生活を振り返って

クラス会や球技大会、文化祭など、本当に楽しかった思い出ばかりです。しかし、1番に何を思い出すかと考えると、やはり勉強のことです。教室での座学だけでなく、実習室での実技の勉強もあり、やるべきことがたくさんあり大変でした。しかし、勉強が苦しいなどの印象よりも、一緒に遅くまで残ってクラスメイトと実技の練習をしたり、国家試験の勉強をしたりなど、みんなと一緒に楽しく勉強してきたことを思い出します。また、授業以外でも先生方に実技のご指導をいただき、座学・実技ともに分からないことがあれば、すぐに先生方に質問できるなど、とてもいい環境の中で勉強することが出来ていたと思います。


就職活動について

就職先を考えていく中で、これからどんな理学療法士になりたいなどの目標が大切だと思い考えました。さらに、大学の合同説明会でお話を聞かせて頂き、実際に病院見学にも行きました。それから、先生に相談させて頂き、見学中に感じた病院の雰囲気、臨床だけでなく、積極的に研究活動を行っていることなどから「柏友会楠葉病院」に就職させて頂きました。就職に関しての分からないことは、キャリア支援の方々がすぐに対応してくださいましたし、就職に関して焦ったりすることはなかったです。


現在の仕事について

5月から通所リハビリに配属されて、様々な疾患の患者様の治療をさせていただいています。リハビリ後に利用者さんの笑顔が見られたときはとてもうれしいですが、治療してはもっといい方法があったのではないかなど毎日悩むことばかりです。また、リハビリのことだけでなく業務に関しても分からないことばかりで先輩の先生方にどんどん質問させていただいて、勉強の日々です。少しでも早く「治せるセラピスト」となれるように、貪欲に頑張っていきたいです。


アドバイス

在学中はどうしてこんなにも勉強するのか、もっと遊びたい、好きな事をしたいなど思うことが正直あると思います。しかし、就職してから思うことはもっと勉強しておけばよかったです。もちろん、学校での授業や臨床実習だけでは分からないこともあると思いますが、関西医療大学で学んだことは、大事な基礎となるものが多く、また実技では実践的なことが多く、臨床で役立てることがたくさんあると思います。自分自身の目標を明確にして、仲間と共に切磋琢磨していれば、つらい勉強、実習も楽しく乗り切れると思います。頑張りましょう。


就職・進路CAREER