理学療法学科上村 拓矢さん

  

質の高いリハビリテーションを提供する

上村 拓矢さん
  • 第一岡本病院 勤務
  • 関西医療大学 理学療法学科 平成26年3月卒業

本学を選択した理由

実家から近いこともありましたが、実際にオープンキャンパスに参加し、勉強に集中できる環境が整っていると判断しました。また当該学科の鈴木教授の下で勉強すればきっとハイレベルな理学療法士になれると思い志望しました。


学生生活を振り返って

当初、自分自身で想像していた以上に勉強することが多かったですが、それが今の臨床に生きていると実感しています。正直なところ、挫折しそうな時期もありましたが、担任の先生をはじめ学科の先生方、クラスメイトに支えられ卒業に至ることが出来ました。その苦しかったことも、卒業し理学療法士として勤務した現在では楽しい思い出の一つでもあります。


就職活動について

私は、就職先選択の要件としては、スポーツ傷害のリハビリテーションに携われる施設(特に野球)。担任教員の先生方に就職先について相談した結果、大学の実習施設である第一岡本病院が候補地として上がりました。見学させて頂くと自分にとって最も仕事にやりがいを持てると感じたので入職を希望しました。


現在の仕事について

午前中は、主に肩関節疾患や腰部疾患を中心とした外来リハを担当しています。午後には、入院患者様のリハビリを行っています。また、週2回程度の夜間診療として、高校球児を対象としたリハビリをメインで行っています。さらに、冬季の日曜、祝日においては、他の病院およびスポーツトレーナーの方々と連携し、小・中・高校生たちの野球検診としてメディカルチェックを行っています。


アドバイス

就職先を選択する際には、先ずは自分のやりたいこと、また、希望する仕事内容を明確にして進路を決定して下さい。優柔不断なかたちで勤務先を決めてしまうと、入職後に自己意思とのミスマッチが生じて辛いことになると思います。


就職・進路CAREER