理学療法学科松本 凱貴さん

matsumoto.png

患者様の真の「ありがとう」を求めて

松本 凱貴さん
  • 社会医療法人 三和会 永山病院 勤務
  • 関西医療大学 理学療法学科 平成27年3月卒業

本学を志望した理由

私が関西医療大学を志望した理由として、実際にオープンキャンパスに参加した際に、充実した学校設備や大学自体の雰囲気、経験豊富な先生方がいらっしゃる大学はとても魅力的でした。また、大学の診療所があるために、一年生から授業で習ったことをすぐに実践できる授業や、本学の実習は4回と他大学の実習に比べ1回多いといったカリキュラムは、座学だけでは得られないこともある職業だと考えていたので、学びの環境も整っているなと実感し本学を志望しました。


学生生活を振り返って

後悔と充実、成長という言葉が正しいと思います。まず、自分が思っていた以上に学ぶべきことが多く、いっぱい、いっぱいになってしまうことも多々ありました。しかし、そんな自分の周りにはわからないことがあれば、快く教えてくれる友人や先生方のサポートもあり、学内での学習はなんとかついていくことができました。実習に出てからは、自分の知識の少なさ、実技の未熟さに痛感させられました。しかし、実習が終わる度に、友人との知識交換等により実習ごとに自信がついていき、充実した実習生活を送れました。実習後は国家試験の勉強に集中すること、息抜きをすることを両立でき、苦しかったこともありますが、自分たちの合格のために熱く関わって下さった先生方や同級生と足並みを揃えて勉強したことは今となってはいい思い出です。


進路決定について

進路決定に関しては、入学当初から整形疾患を見たいと考えていたのですが、実習を経験していく中で、急性期から患者様に携われ、退院を目指し患者様のサポートをすることに魅力を感じ、また、中枢疾患の苦手意識もあったため、自分に課題を課す気持ちで中枢疾患の患者様も担当したいと思いました。そのため急性期~維持期、整形疾患や中枢疾患等を幅広く経験できる、なおかつ自宅からも本学からも近いという条件を満たしているところがないかということを先生方と相談した結果、当院に進路先を決めました。


現在の仕事について

午前中は外来患者様のリハビリをメインに、午後になると入院患者様をメインにリハビリをさせて頂いています。まだまだ技量不足なところもあり、わかないことや相談などを当院の先生や本学の先生方にもアドバイスを頂きながら、日々業務に全力を注いでいます。


アドバイス

理学療法士として働き始めて、はや3年となります。私自身、まだまだ技量不足であり患者様に100%満足を提供できていないことも多いかと思います。ですが、患者様は「ありがとう」、「良くなったよ。体が軽くなったよ」と言ってくれます。それは自分にとって逆に辛い気持ちになるときもありますが、手応えがあったときや、歩けなかった患者様が歩けるようになり、退院してから「近くに来たから挨拶に来たよ。 あの時はありがとう」とお礼を頂いたときは「この職業について良かったな。これからも頑張ろう。」という気持ちでいっぱいになり、もっと人としても、セラピストとしても成長したいという気持ちに駆り立てられます。学生の皆さん、理学療法士とは「ありがとう」という言葉が毎日がんばろうと思える素晴らしい職業です。辛いことも多々あるかと思いますが、前向きに頑張って下さい。


就職・進路CAREER