理学療法学科東野 祥子さん

higashino.jpg

患者様のBackgroundを捉えて、ひとりひとりに適した治療を

東野 祥子さん
  • 六地蔵総合病院 リハビリテーション科 勤務
  • 関西医療大学 理学療法学科 平成28年3月卒業

本学を志望した理由

高校3年生の夏に開催されたオープンキャンパスに参加し、熱い先生方のお話を聞いて、関西医療大学で理学療法を学びたいと感じ、第一志望に変更しました。そのときに感じた、治せる理学療法士になりたいという思いは今でも思い出します。また、臨床実習Ⅰ期の終了後にある附属診療所での実習があるというカリキュラム構成も魅力的に感じました。臨床実習Ⅰ期で苦手な部分を自覚してから望む附属診療所実習は自分自身でしっかりと復習でき、次の臨床実習Ⅱ期につなげる良い機会だと思いました。


学生生活を振り返って

初めての分野を学ぶことはすごく大変で、理解するには時間がかかりました。また、定期テストやOSCEなどの踏ん張りどころではクラスみんなで夜遅くまで残って勉強や実技練習をして、課題を乗り越えてきました。また、同じフロアに先輩の教室があったので、勉強方法や実習、学校行事のことなどわからないことはすぐに先輩に聞ける環境であったことがすごく安心でした。  時間に余裕があるときは接客のアルバイトをしていたので、そこで人との関わり方を学べたことは今につながっていると強く感じ、良い経験をさせて頂きました。


進路決定について

現在の勤務先であります六地蔵総合病院には臨床実習Ⅱ期で大変お世話になりました。臨床実習Ⅱ期ということで指導者の先生にご指導していただきながら実際に患者様を治療していくと、治療後には患者様の姿勢が良くなったことが目で見てもわかり、理学療法の素晴らしさと楽しさを教えていただいた実習先でした。また、こちらの実習先ではたくさんの先生方に治療見学をさせていただけたので、先生方それぞれの考え方を教えていただき、考え方や知識がとても豊かになりました。さらに、先生方に相談をしやすい環境であり、実習生のときには指導者の先生とディスカッションをし、どんな治療がその患者様には最適なのか一緒に考えていただきました。 このような貴重な経験をさせていただいた六地蔵総合病院の先生方から、もっと理学療法について学びたいと強く思い、入職を決めました。


現在の仕事について

仕事内容としては、私は手術直後の急性期の患者様や他院から転院された回復期の患者様、外来リハビリで通院されている慢性期の患者様を担当しております。入院されている患者様には自宅に戻れるように、また外来で通院されている患者様には自宅でよりよい生活を送っていただけるようにリハビリをおこなっております。他の仕事内容は、担当患者様のその日におこなったリハビリの内容をカルテに記載することや、ときには担当患者様の退院に向けた話し合いに参加することがあります。


アドバイス

毎日患者様と関わりながら、その患者様が今までどんな生活風景で生活されていて、今後はどういった生活をしていくのかを考えて、リハビリをおこなっています。私はリハビリとして患者様の今後の生活に関われる理学療法士になれて良かったと感じています。現在もたくさんのことを学んでいる最中であり、私も皆さんと一緒に頑張れたらと思っています。


就職・進路CAREER