課外活動水泳競技部

水泳競技部は2009年に創立され、全国大会に出場した経験をもつ選手から、大学で本格的に水泳を始めた選手まで、Enjoy Swimをモットーに活動しています。

練習は毎週月曜日、JR阪和線和泉府中駅から徒歩10分の所にあるマコトスイミングクラブにて、学期中は18時から、祝日や休み期間中は10時から行っています。それ以外の日に、各自の地元にあるスイミングクラブなどに戻り練習する部員もいます。チームとしては週に1回、2時間までの練習機会ですが、部員一人ひとりがそれぞれの目標に向かって意識を高く保っており、この環境でも自己ベストを毎年更新する選手も多くいます。競技レベルに関係なく、部員全員で助け合い工夫することによって、大学にプールがない環境の中でも、参加した大会で成績を残すことができています。

水泳部が主に出場するのは、関西学生選手権を含む、(財)日本水泳連盟学生委員会関西支部が主催している大会を基本に、10月に開催される熊取町民大会には地域貢献を兼ねて、8月に開催の、沖縄から中部・北陸地方までの医療系大学が参加する西日本コメディカル大会には大学の威信をかけて出場しています。西日本コメディカル大会においては、関西医療大学は2012年の第11回大会から出場し、男子総合優勝、2年目の2013年は男子総合優勝、男女総合準優勝、2014年と2015年は2年連続で男子総合優勝、女子総合準優勝、男女総合優勝を果たしました。

顧問の牛島先生も競泳選手でした。当時は柔道整復や鍼灸、臨床検査はもちろん、看護や理学療法も大学では学べず、大学で競技を続けるか、専門学校で資格を取得するか進路に悩み、競技を諦めました。今、関西医療大学では資格取得と競泳が両立できるようになりました。これからも、誰もがEnjoy Swimできるチーム結成時の志しを守りながら、さらに高いレベルで競技したい選手も参加できるようなクラブにすることを目標に、できることから一歩一歩努力していきたいと思います。


学生生活CAMPUS LIFE