学生生活の情報事故・災害・台風等による臨時休講

事故・災害・台風等による臨時休講

交通機関が事故・災害等によって不通になった場合、あるいは台風等の場合の臨時休講については、次のとおりとします。

  1. 午前6時の時点で交通機関※が事故・災害等で不通、あるいは大阪府下に特別警報または暴風警報が発令されている場合は、1、2時限目(午前中)を臨時休講とする。
  2. 午前10時の時点で交通機関※が事故・災害等で不通、あるいは大阪府下に特別警報または暴風警報の発令が継続されている場合は、引き続き、午後の授業も臨時休講とするが、午前10時の時点でそれらが解除された場合は3時限目から授業を再開する。
    注:大雨警報では休講にはならない。

※対象とする交通機関について

  • 南海ウイングバス(泉佐野駅前-熊取ニュータウン間の全線)
  • 阪和線(天王寺駅-和歌山駅間の全線)
  • 南海本線(難波駅-和歌山市駅間の全線)

これらの内、いずれか1つ不通の場合は、上記決定時刻に沿って臨時休講とします。

[その他の場合の注意事項]

  • 上記以外でも事故等の理由で上記路線の全線が長時間の不通になった場合、状況に応じて臨時休講とする場合があります。また、地震等のために交通障害や停電などが発生し、授業等の実施に支障があると判断した場合は臨時休講とします。詳細は大学ホームページでその都度通知します。
  • 暴風警報以外の警報発令、または大阪府以外の地域における特別警報または暴風警報発令に伴い交通機関が不通となった場合や通学に身体の危険を感じた場合には、無理な登校は避けて、その旨を大学に連絡して下さい。
  • 授業等の実施中に大阪府下に特別警報または暴風警報が発令された場合は、その時点で授業等を中止しますので、学生は身体の安全に留意して速やかに帰宅するようにして下さい。

学生生活CAMPUS LIFE