関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
准教授
平尾 恭子
ひらお きょうこ

失敗を恐れず様々なことにチャレンジし、豊かな学生生活を送ってください。
学生時代の経験は社会人になってからもきっと役立つと思います。

担当科目

公衆衛生看護学概論、ライフサイクルと保健活動、障害者と感染症の保健活動、公衆衛生看護支援論、公衆衛生看護計画論(修正)、健康教育論、保健・医療・福祉制度論、家族看護論、子育て支援論、環境と健康、公衆衛生看護学実習、総合看護学実習、在宅看護学実習(追加)

出身校

大阪府立大学大学院看護学研究科博士課程中退

学位

修士(看護学)

取得資格

保健師、看護師、養護教諭二種免許

専門分野(相談可能な分野)

公衆衛生看護

現在または未来の研究テーマなど

児童虐待の予防に関する研究

研究のキーワード

児童虐待、子育て支援

所属学会

日本公衆衛生看護学会、日本看護科学学会、日本小児保健協会、日本公衆衛生協会、日本こども虐待防止学会

社会活動など

体罰・虐待をしている親への支援活動(MY TREE(追加)ペアレンツプログラム実施)
新人保健師を対象とした研修活動

オフィスアワー

金曜日 12:10~13:10

主な研究業績

【論文】
・乳児家庭全戸訪問事業における母子保健推進員の訪問活動の実態,関西医療大学紀要,11,38-46,2017.
・10代で出産した母親の養育行動とソーシャルサポートとの関連,小児保健研究,64(3),417-424,2005.
・在宅看護実習におけるQOLを考慮した看護活動に関する学び,和歌山県立医科大学保健看護学部紀要,1,71-78,2005.
・A県の駐在制度下における保健師活動,保健師ジャーナル ,61(2),152-158,2005.
・境界性人格障害者の地域生活への支援,病院・地域精神医学 ,47(2), 234-239,2004

科学研究費など学会の研究費の獲得状況

・科学研究費補助金 若手研究 2005~2007 研究代表者
 軽度発達障害児と母親への早期支援に関する研究.
・科学研究費補助金 基盤研究(C) 2006~2008 研究分担者
 児童虐待予防のための地域ペアレンティング・プログラムの評価に関する 研究.