関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
准教授
和田 幸子
わだ さちこ

私達が自明視しているものの見方や考え方、価値観は、いつの時代や社会でも同じなのでしょうか。村上陽一郎氏は、現代社会に生きる素養を3つあげ、科学技術リテラシー、社会リテラシー、品格としています。「品格」は、多面的に考えること、自分の立場を相対化すること、自分の意見を伝えられること、絶対否定・絶対肯定をしないこと、カウンターバランスをとること、自分の基準(規矩)をもつことなどの総称概念として使われています。看護の対象者とかかわるときに求められる資質はまさに「品格」ではなにかと思います。対象者から謙虚に学ぶという姿勢を期待します。

担当科目

心の健康と看護、精神看護方法論Ⅰ・Ⅱ、精神看護展開論、精神看護学実習、ケアマネジメント論

出身校

大阪市立大学大学院

学位

看護学修士

取得資格

看護師、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

専門分野(相談可能な分野)

・精神看護
・老年看護
・介護福祉

現在または未来の研究テーマなど

・認知症とのかかわりにおける感情労働に関する研究
・精神障がい者の地域継続支援に関する研究

研究のキーワード

感情、ピアサポート、相互性

所属学会

日本精神保健看護学会、日本老年看護学会、日本看護科学学会、日本生活支援学会

社会活動など

・日本生活支援学会理事(2008~至現在)
・介護教員講習会 講師(2003~2008)
・大阪市東住吉区介護認定審査委員(2003~2008)

オフィスアワー

前期 金曜日 15時~17時、 後期 水曜日 15時~17時

主な研究業績

・認知症の行動心理症状を呈する患者への看護における看護師の感情の様相‐認知症治療病棟で勤務する看護師のへのインタビュー,(修士論文),2011
・新カリキュラムにおける介護過程の教育,大阪城南女子短期大学研究紀要第43巻,p77-99,2009
・介護技術講習会の実際と課題,大阪城南女子短期大学第40巻,p89-102,2006
・介護福祉士における新たな対人援助観に関する一考察,介護教育第18号,p75-79,2004
・介護技術教育の実態調査からみた改正カリキュラムへの課題,大阪城南女子短期大学研究紀要第35巻,p89-99,2000
【著書‐共著】
・介護過程の展開,p84-100,p120-128,建帛社,2008
・介護実習指導者テキスト,p139-145,全国社会福祉協議会,2009
・可能性を信じ共に学び・育ち・創る介護実習指導,p92-126,全国社会福祉協議会,2003
・介護福祉エッセンシャルズII(医学一般・精神保健),P38-43,P96-104,2001
・介護実習ハンドブック,P93-100, 2000