関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
教授・作業療法学科長
岩井 和子
いわい かずこ

明るく元気に、自分も他者も大切に。社会情勢にも関心をもちましょう。大人の入り口に立っています。

担当科目(学部)

リハビリテーション概論、作業療法概論、精神障害作業療法治療学 他

出身校

国立病院機構東名古屋病院附属リハビリテーション学院、作業療法学科愛愛知淑徳大学大学院、心理学専攻 日本福祉大学大学院、社会福祉研究科

学 位

社会福祉学博士

取得資格

作業療法士

専門分野(相談可能な分野)

・中枢系疾患作業療法
・高次脳機能障害作業療法
・精神障害作業療法

現在または未来の研究テーマなど

・精神障害をもつ人の体力と生活機能
・精神障害をもつ人のリカバリーと支援方法
・精神保健専門職のエンパワメントに関する要因

研究のキーワード

精神障害、生活機能、リカバリー、エンパワメント

所属学会

日本作業療法学会、日本精神障害者リハビリテーション学会、日本社会精神医学会、認知リハビリテーション研究会

社会活動など

・「精神障害とリハビリテーション」編集委員
・「作業療法ジャーナル」編集同人
・日本作業療法士協会事例検討審査委員
・日本作業療法学会演題審査委員 他

オフィスアワー

金曜日(16:30~18:00)

主な研究業績

【主要論文】
・作業療法士の精神障害者に対する「否定態度」に影響を与える要因の検討(単著) 作業療法25:45-55 2006
・精神科作業療法士の精神障害者に対する「肯定的態度」に影響を与える要因の検討(単著) 日本社会精神医学界会雑誌15:159-167 2007
・入学前臨床実習現場見学の意義-「超早期病院見学研修」結果を踏まえて-(共著) 専門リハビリテーション6:38-42 2007
・精神科病院在院患者における転倒状況と身体運動能力について(共著) 理学療法科学22:267-271 2007
・精神科デイナイトケア通所者における身体能力と日常活動性の一考察(共著) 作業療法ジャーナル41:799-803 2007
・リハビリテーション学部学生の精神障害者に対する肯定的態度の違い-カリキュラム進行に伴って-(単著)日本社会精神医学会雑誌16:149-155 2007
・精神科病院長期入院患者の身体能力およびその関連要因(共著) 精神障害とリハビリテーション11:164--169 2007
・治療から生活支援まで:精神科医療従事者における患者との関わりの様相(単著) 精神障害とリハビリテーション13:70-76 2009
・治療同盟と治療共同体をめぐって-心理療法に基盤を置く援助関係(単著) 日本社会精神医学会雑誌20:94-105 2011
・精神障害をもつ人に対する援助職員の肯定的態度と組織風土の影響(単著) 精神療法37(1):103-117 2011
リカバリー支援と援助関係 精神療法37(2):233-242 2011
・わが国の精神医療福祉領域における援助関係―専門職、当事者へのインタビュウ調査から(単著) 精神療法37(3):337-346 2011
・精神障害からの回復と援助職員の態度(単著) 精神療法37(4):169-479 2011
・精神科長期入院患者に対する規律訓練の効果(共著) 作業療法30:476-481 2011
・生活の中での薬物療法-服薬するということ、抗精神病薬の肯定的側面と否定的側面(共著) 精神障害とリハビリテーション17:124-169 2013

【主要な学会発表】
・Experience Occupational Therapy for Terminal Cancer Patients in Hospital (共同): the16thWorld Federation of Occupational Therapy 2014
・Factors affecting Job Satisfaction and Burnout in Mental Health -Focus on a ten-year literature review-(単): the 50th World Association of Social Psychiatry 2014
・The practical satisfaction and tasks of psychiatric occupational therapy related to mental health reform in Japan-Based on study review in last decade-(単): the 12thWorld Association of Psychosocial rehabilitation
・Recovery from mental illness depends on expectation and respect -Based on interview of person with mental illness -(単)the 17thWorld Psychiatric Association 2017

【著書・翻訳】
・理科系のための障害学入門(共著) ミネルヴァ書房 2013
・1.Psychiatric Rehabilitation 2ed.(「精神科リハビリテーション第2版」)(共訳) 三輪書店 2012

科学研究費など学会の研究費の獲得状況

・平成20年度厚生労働科学研究費補助金「精神保健医療福祉の改革ビジョンの成果に関する研究」(総括研究者:竹島正,分担研究者:野中猛,岩井和子)
・平成25年度結城市二次介護予防研究事業及び受託研究「二次介護予防事業における高齢者の生活プログラムに関する研究」(研究責任者:岩井和子,H.25-26年度)
・日本科学振興会科学研究費助成金「リカバリーを促進する精神保健専門職の態度とエンパワメントに関する」(研究責任者:岩井和子、課題No.16K04144,H.28-30年)