関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
教授・図書館長
黒岩 共一
くろいわ きょういち

今日自分がすべきことを、明日時間がある時にでなく、今日やろう。目の前にある「すべきこと」を片っ端から片付けよう。「すべきこと」とは、好きなことやしたいことじゃなく、将来の自分にプラスになること。

担当科目(学部)

鍼灸理学併用療法実習、鍼灸臨床実習I・III、マイオケア(トリガーポイント理論)

出身校

高知大学

専門分野(相談可能な分野)

運動器疼痛の治療学

現在の研究テーマ

・貫通触覚を用いた運動器の構造認知
・認知覚の神経心理
・運動器発痛因子のインフォマティクス

研究のキーワード

・発痛
・責任トリガーポイント
・引き込み
・刺鍼

所属学会

全日本鍼灸学会

社会活動など

トリガーポイント研究会代表(1996年~)

オフィスアワー

水曜 17時~

主な研究業績

・Kyoichi Kuroiwa, et al: An electron microscopic study of the acupuncture or moxibustion stimulated regional skin and lymph nodein laboratory animals. Proc.1st.Int.Canf.WFAS, 1987
・黒岩共一:実験動物を用いた筋硬結モデルの作成とその形態学的特徴. 全日本鍼灸学会誌 第38巻4号pp.471-473 1988
・黒岩共一、他:実験的筋硬結の作成とその形成機序の検索 全日本鍼灸学会誌 第41巻4号 pp.410-411 1991
・黒岩共一:筋痛症候群とトリガ ーポイント-実験的筋硬結の作成- 理学療法学 26巻3号:pp.97-98 1999
・スポーツにおける鍼治療応用の理論的背景とその効果機序-トリガーポイントからみたアプローチ 臨床スポーツ医学:Vol.18, No.12;pp.1349-1356 2001
・Kyoichi Kuroiwa: What is "Acupuncture points" considered from the trigger point theory? Journalof International Society of Life Information Science. Vol.23, No.1:100-104 2005"