関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
教授・ヘルスプロモーション整復学科長
金井 成行
かない しげゆき

医療に興味があり、医療人を目指す方、一緒に学びましょう!

担当科目(学部)

・ヘルスプロモーション整復学科(東洋医療の基礎・導入教育、外科各論、整形外科学、応急処置実習)
・はり灸・スポーツトレーナー学科(臨床医学Ⅱ、和漢治療学)
・理学療法学科(西洋医学と東洋医学)

大学院担当科目

外科系病態学概論、特別研究

出身校

富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部

学 位

博士(医学)

取得資格

日本、韓国医師免許、英文タイピストB級、小型船舶1級

専門分野(相談可能な分野)

・整形外科
・漢方薬(東洋医学)

現在または未来の研究テーマなど

・漢方薬の薬理学的解明
・磁気と生体の臨床研究
・スポーツ医学

研究のキーワード

・東洋医学
・漢方薬
・スポーツ整形

在内研究

ダイナミック医学スポーツ研究所、ピップフジモトHD株式会社開発研究部

所属学会

日本整形外科学会、日本東洋医学会,和漢薬学会、日本ペインクリニック学会

社会活動など

・産業医(佐川急便、日本金銭株式会社など)
・大阪府アマチュアボクシング医事委員

受賞など

・上原記念生命科学財団奨励賞
・和漢薬学会若手奨励賞

オフィスアワー

月曜日(昼休み)

主な研究業績

【解説】
・疼痛に対する磁気治療の経験-サーモグラフィを用いて―. Biomedical Thermology 34(2), 34-40,2015

【論文】
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こり有訴者の客観的評価及び磁気治療による効果.慢性疼痛35(1).17 - 23.2016.
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こりに対する磁気療法の効果 - 超音波組織弾性イメージング法による評価 -.慢性疼痛36(1).41 - 45.2017.
・Efficacy of static magnetic field for pain of adjuvant arthritis rats. Advances in Bioscience and Biotechnology 3(4A), 511-515,2012.
・Effect of Magnetotherapeutic Device on Pain Associated With Neck and Shoulder Stiffness. Alternative Therapies in Health and Medicine, 17(6), 44-48, 2011
・静磁場がヒトの組織血液酸素動態に及ぼす影響. 慢性疼痛誌. INPRESS 2015
・顔面部皮膚温度に対するフェイシャルエクササイズの効果Biomedical Thermology 34(2), 34-40,2015
・こりに対する磁気治療の客観的評価. 慢性疼痛誌33(1). 123-129.2014
・静磁場によるヒト正中神経に対する感覚神経伝達速度に及ぼす影響 慢性疼痛 32(1): 165-169,2013
・下部幹筋群収縮様式の違いによる体幹回旋可動域や身体回旋筋肉の変化. 体力科学62(3) 246.2013
・冷え症に対する酵素処理ヘスペリジンを主剤とする栄養補助食品の効果 : 冷水負荷試験による検討 Biomedical Thermology 31(2), 26-32,2012
・磁場勾配が異なる磁気治療器による肩こりに対する効果、慢性疼痛機関誌、30(1), 125-129,2011
・左踵骨後部滑液包炎を有した陸上競技短距離選手の1症例?発生機序に着目した理学療法的アプローチ? 関西医療大学紀要5 25-31,2011

【特別講演】
・疼痛に対する磁気治療の経験 ―サーモグラフィを用いて―. 日本サーモロジー学会 第31回大会(大阪): 2014
・金井成行 整形外科から診る最近の肩関節炎の治療とその対策
全日本鍼灸学会近畿支部A 講座  大阪 9月 2017
・金井成行.肩こりに対するサーモグラフィの検討―様々な測定機器との併用―.日本サーモロジー学会 第33回大会 奈良 8月 2016

【学会】
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こりの評価-筋弾力による客観的検討-第4報.第89回日本産業衛生学会.福島.5月.2016
・織田育代、金井成行.痛みに対する筋肉の硬さによる評価.日本ペインクリニック学会 第50回大会.横浜.7月 2016
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こりの磁気治療による効果を組織弾性イメージング法にて検討.第45回日本慢性疼痛学会.京都.2月.2017
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こりの評価-筋弾力による客観的検討-第5報.第90回日本産業衛生学会.東京.5月.2017
・織田育代、金井成行.静的ストレッチ運動が皮膚温に及ぼす変化―頸肩部へのアクティブストレッチ・パッシブストレッチの比較検討―.第26回日本柔道整復接骨医学術大会.大阪.11月2017
・谷口典正、織田育代、金井成行.肩こりに対する磁気療法による効果.第47回日本慢性疼痛学会.大阪.2月.2018
・Effects of facial exercises for anti-aging. The Combined Academic Conference of the 18th Biennial Congress of Asia Pacific Orthopaedic Association (APOA). (Pattaya, Thailand): 2014
・Evaluation of Neck and Shoulder Stiffness on Muscle Meter. 4th NWAC World Anesthesia Convention. (Bangkok, Thailand): 2013
・Effect of oriental medicine on metabolic diseases. 5th International Conference on Fixed Combination in the Treatment of Hypertension, Dyslipidemia and Diabetes Mellitus. (Bangkok, Thailand): 2013
・Effect of Shape Magnetotherapeutic on Neck and Shoulder Stiffness. 22nd RI Rehabilitation International World Congress. (Incheon, Korea): 2012
・Exposure to static magnetic field for pain of adjuvant arthritis rats. 2012 OARSI World Congress on Osteoarthritis. (Barcelona, Spain): 2012
・Assessment of Hesperidin dietary supplement for women classified by the four types of chilly constitution. 2012 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods. (Hawai, USA): 2012
・Efficacy of Continuous Administration of Nutritional Supplement Mainly Comprised of α-Glucosyl Hesperidin for Chilly Constitution. 2011 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods. (Sapporo, Japan): 2011
・静磁場による生体への効果―近赤外線分光法を用いて―. 第22回医用近赤外線分光法研究会(東京): 2015
・肩こりの評価-筋弾力による客観的検討-第3報. 第88回日本産業衛生学会(大阪): 2015
・磁気が酸素化ヘモグロビン(Hb)濃度に及ぼす効果. 第44回日本慢性疼痛学会(横浜): 2015.
・顔の運動が効果的である顔面部皮膚表面温度の検証. 日本サーモロジー学会 第31回大会(大阪): 2014
・肩こりの評価-筋弾力による客観的検討-第2報. 第87回日本産業衛生学会(岡山): 2014
・肩こりに対する筋弾性評価―磁気治療―. 第43回日本慢性疼痛学会(横浜): 2014
・磁気によるヒト正中神経に及ぼす影響. 第43回日本臨床神経生理学会(高知): 2013
・肩こりの評価-筋弾力による客観的検討-. 第86回日本産業衛生学会(松山): 2013
・静磁場によるヒト正中神経に対する感覚神経伝導速度へ及ぼす影響. 第42回日本慢性疼痛学会(東京): 2013
・肩こりに対する貼付用磁気治療器の効果<第1報>. 第85回日本産業衛生学会(名古屋): 2012
・肩こりに対する指圧及び磁気治療効果の検討. 第41回日本慢性疼痛学会(東京): 2012
・肩こりに対する貼付用磁気治療器による効果の検討―磁石形状による効果―. 第40回日本慢性疼痛学会(東京): 2011

科学研究費など学会の研究費の獲得状況

上原記念生命科学財団