関西医療大学

CAREER
就職・資格
卒業生からのアドバイス
角谷整形外科病院 勤務
岡 亜咲さん
理学療法学科
2018年卒業

患者様に日々感謝されるセラピストを目指して

本学を志望した理由

本学を志望した一番の理由は、臨床実習重視のカリキュラムが組まれていることです。実際に本学は他大学と比べて臨床実習が豊富です。また大学付属診療所があることから、授業で学んだことを実践する機会が多いです。実習に出て様々な人と関わる機会が増えることで、授業で学んだ知識を実践できるだけでなく、人との関り方を学び、コミュニケーション能力を培うことができます。

学生生活を振り返って

四年間、切磋琢磨し、時には励まし合いながら過ごしてきた理学療法学科の仲間たちは今でもかけがえのない存在です。在学中は、テストや実習など大変な思いをすることも多々あります。しかし、理学療法士になるというという一つの大きな目標に向かって、大変なことも皆で乗り越えてきました。 卒業間近に、クラス全体が一体化して頑張った国家試験勉強の期間は非常に印象に残っています。絶対に一人では乗り越えられないものを、皆で支え合いながら最後までやり通したことは、学生生活の中でも心に残る思い出です。

就職活動について

現在、私が働いている施設は、実習中にお世話になった整形外科病院です。当院は肩、膝、脊椎疾患など、運動器疾患全般に対応している病院です。また、最新の低侵襲手術メインで手術を実施しており、私が興味を持つ肩の分野では、内視鏡における腱板の縫合術を実施しています。手術直後から社会復帰されるまでの理学療法介入を行うことができるため、非常に魅力を感じました。 また当院はスポーツ疾患の患者様も来院されます。自分自身がスポーツをしてきたということもあり、スポーツ疾患の患者様に対して介入できることも、当院を就職先に選んだ一つの理由です。 私は在学中に将来自分のやりたいことや、自分が将来どうなりたいかを、ぼんやりとですが頭に思い浮かべながら過ごしました。そのため、進路を比較的スムーズに決定することができました。

現在の仕事について

現在は外来リハビリ、手術直後の入院患者様メインでリハビリを行っています。整形外科疾患の患者様が中心で、特に肩疾患の患者様が多いですが、その他下肢疾患や脊椎疾患の患者様のリハビリも行います。臨床以外では、病院外に出ることもあり、スポーツ選手のメディカルチェックを行ったり、スポーツトレーナーとして活動したりすることもあります。 患者様を治療していく中で悩むことも多いですが、日々多くのことを学び、吸収しながら充実した毎日を送っています。

その他(アドバイス)

働き始めて強く思うことは、学生時代から自分が将来どのような理学療法士になりたいかを、少しでも頭に思い浮かべながら学生生活を送ることが大事であるということです。出される課題をこなすだけでなく、プラスアルファで自分に必要な勉強をすることや、日々課題を見つけながら大学生活を送ることが大事だと思います。