関西医療大学

CAREER
就職・資格
卒業生からのアドバイス
大阪警察病院 勤務
島田 梨沙さん
臨床検査学科
2018年卒業

患者さんを想える臨床検査技師に

本学を志望した理由

 関西医療大学のオープンキャンパスに参加した際、これからの現場で必要とされるのは、ただ検査をこなすだけの検査技師ではなく、臨床を理解し患者さんを思いやれる臨床検査技師だというお話を聞き、とても感銘を受け、この大学で学びたいと思い志望しました。 またオープンキャンパスのときに感じた先生方と先輩方との雰囲気の良さも本学を志望した大きな理由の1つです。

学生生活を振り返って

大学での4年間は本当に充実した4年間でした。球技大会や、学園祭でクラスのみんなと力を合わせて頑張ったことは今でも鮮明に覚えています。国家試験の勉強では仲間同士で問題の出し合いをしたり、わからないところがあれば教えあったりとクラス全員で乗り越えようと一致団結しました。その結果「合格率100%、全員合格」と聞いた時はとても嬉しかったです。 

進路決定

私はドック等のクリニックに就職するか、総合病院に就職するか迷っていました。HPやインターネットで調べてはいたものの自分では実際の環境を知るには限界があり、なかなかどちらに就職するか決めかねていました。そんなときたくさんの先生方が声をかけてくださり、私の性格や成績を考えた上でアドバイスを頂きました。また、就職支援がしっかり整っていて、病院で働く本学の先輩や企業で働く臨床検査技師の方が来てくれて色々な話を聴くことができる「卒業生と語る会」「特別講義」などのキャリア支援イベントに参加することにより、医療の現場での知識、技術を身につけられる総合病院を選択し、スムーズに就職することができました。

現在の仕事について

現在はエコー室に配属され、主に腹部や血管系のエコー、脳波検査を担当しています。学生時代から希望していた分野だったので大変嬉しく、勉強の日々ですが毎日充実して働けています。実際に働いていて思うことは、学生時代に先生方に臨床的なことまで教えていただけていて良かったということです。実際現場で起こったことに対して、知りません、わかりません、ではなく考えることができるようになっているのは、学生時代の先生方の教育のおかげだと思っています。

その他(アドバイス)

実習や就職活動、国家試験など大変な時期もあると思いますが、必ず自分の将来の為になると思うので、大学で吸収できることはしっかり吸収し、学生生活を楽しんでください。