関西医療大学

CAREER
就職・資格
卒業生からのアドバイス
大阪警察病院 勤務
大谷 帆南さん
臨床検査学科
2019年卒業

信頼される検査技師に

本学を志望した理由

私は3期生なので、入学を希望した時は国家試験の合格率も未知で不安はありました。そのため、ホームページやパンフレットから、授業のカリキュラムの内容を確認し、実習が多いことや病院実習先が地元にある事などから関西医療大学を志望しました。 関西医療大学はオープンキャンパスが定期的に行われています。また、素晴らしい先生もたくさんいらっしゃいますので、実際にオープンキャンパスに参加することで、大学の良さや雰囲気を感じられると思います。

学生生活を振り返って

私が国家試験に合格できたのは、周りの友達や先生の助けがあったからです。関西医療大学は学園祭や球技大会などクラスで一団となる行事が沢山あります。行事には積極的に参加し、良い思い出、良い友達を増やしてください。そして、その友達と一緒に国家試験の勉強を頑張ってください。みんなと楽しみながらであったので、朝から晩まで勉強をしていても辛いと感じませんでした。先生方は教育熱心で、国家試験の勉強中も気にかけてくださり、就職活動のサポートもしっかりしてくださいました。大学4年間を関西医療大学で過ごすことができて本当に良かったです。

進路決定

私は臨地実習先が総合病院であり、症例数が多いことから、自分のスキルを高めるためにも総合病院への就職を希望していました。しかし、総合病院といっても沢山あり、決めかねていたところ、担任の先生が私の成績も考慮した上で就職先を提案してくださいました。 履歴書の添削や面接練習はキャリア支援の方が親身に相談に乗ってくださいます。また、先輩方の就職試験の過去問は大変参考になりました。多くの方々助けがあり、現在の勤務している大阪警察病院に就職することができました。

現在の仕事について

現在、検体検査の中でも、血液・一般検査に配属となりました。 自分が報告した結果により、輸血が行われていたり、 治療に反映されていることをカルテで確認すると、検査のプロとして自分の検査結果に責任を持って業務を行わらなければならないと日々実感しています。

その他(アドバイス)

検体検査に配属になると、患者さんと関わる機会がほとんどありません。しかし、検体の向こうには病気で苦しんでいる患者さんがいます。ただ検体を検査するだけでなく、データから読み取れることを考え、今後の治療に役立つ情報を提供できる検査技師にならなければいけません。 専門分野でのエキスパートとなり、患者さんからも、そして同じ職場で働く臨床検査技師や医師からも、信頼される検査技師を目指していきたいです。