ヘルスプロモーション整復学科 ヘルスプロモーション整復学科

ケガの応急処置・予防から運動指導、アロマセラピーまで
時代が求められる健康づくりのプロを育てる

学科の特色

写真

医療の知識を持った上で運動の指導を行なうことができ、健康づくりをサポートする人材の育成がヘルスプロモーション整復学科の役割

現代は飽食の時代であり、機械化がすばらしく発達し、さらに高齢化がどんどん進みつつあります。このような状況では、ほとんど動くことなく一日が過ぎていきます。その結果、最近の話題は、もっぱらメタボリックシンドロームや生活習慣病となっています。
そこで、それらの発症をくい止めるため「運動をしましょう!」との掛け声がかかるのですが、どのような強度でどれくらいの運動をしたら良いのか?バックグラウンドに病気をもっている場合は、何に注意をし運動をすれば良いのか?などが難しいところとなってきます。そこで、ヘルスプロモーション整復学科では長い間、日本で国民の健康に携わってきた柔道整復師の国家資格免許をベースにし、さらに健康運動を指導するために健康運動実践指導者やスポーツプログラマーの資格を合わせもって地域の人々の健康づくりや保健に対応ができることを目指します。


ヘルスプロモーション
とは?

写真

ヘルスプロモーションとは、人々が自らの健康をコントロールし改善することができるようにするプロセスであり、これを通して幸せに至るものであると、1986年にWHO(世界保健機関)によって提唱されました。


学びのポイント

point1

写真
医療の知識を持ち、
適切な運動を指導・助言する人材を育成

高齢化や運動不足に伴うメタボリック症候群(代謝症候群)や生活習慣病、筋力低下が問題視されるなか、 人々に運動を指導し、健康づくりに貢献する人材育成が望まれています。そこで本学科では、柔道に由来し、急性のケガなどの「手当て」を目的とした柔道整復に着目。柔道整復の医療ノウハウを持ちながら、ケガの治療や予防のための運動などのアドバイスはもとより、 生活習慣病などの慢性的な疾患の予防にも対応できる人材の育成をめざします。スポーツ関係の資格を持っただけでは、患者さんの身体に触れることは不可能でしたが、柔道整復師の国家資格を持つことで、医療行為を施すことが可能となります。

point2

写真
アロマやヨガ、太極拳などの
統合・補完、代替医療の学びも充実

本学科では、柔道整復やスポーツに関するカリキュラムのほか、「もうひとつの医療」ともいえる『統合・補完・代替医療』の分野の学びも採用。近年、注目が集まるアロマテラピーやヨガ、太極拳、マイオケア(筋肉治療)などの新しい医療分野の知識・技術を幅広く学んでいきます。講師陣には、柔整整復の専門家のほか、内科医や健康運動実践指導者の有資格者、統合医療の専門家を迎えます。
また、より現場に即した実践的な学びを展開する実習施設として、平成22年9月に附属接骨院を設置しました。

point3

写真
医療・福祉施設、フィットネスクラブをはじめ、
活躍の場は多彩

本学科では、柔道整復師の国家試験受験資格、健康運動実践指導者、スポーツプログラマー、スポーツリーダーの資格取得が可能。卒業後はそれぞれの資格を生かした、広がりのある進路が期待されます。柔道整復師は、施術所や病院、診療所などの医療現場で活躍することができます。また、対象者の年齢や性別・体力などに応じたトレーニングプログラムを設計するスポーツプログラマーの活躍の場は公営の体育施設や民間のフィットネスクラブなどが挙げられます。健康づくりへの注目が高まりつづける社会背景をふまえると、活躍のフィールドは、今後ますます広がっていくでしょう。


学びのステップ

1年次

柔道整復術の施術や健康運動を指導する際に必要な基礎的な人間のからだの正常な仕組みや働き・動きについて学びます。保健や医療に従事する者として必要なコミュニケーションのとり方や臨床時に必要な人間の心理について学びます。

2~3年次

基礎から臨床にまで及ぶ整復学の技術や、健康指導(健康運動実践指導者・スポーツプログラマー)の際に必要なスポーツやフィットネスに関する科目を学びます。一年次に学んだ基礎を生かし、内科から外科分野さらに病理学や薬理学といった基礎医学分野まで幅広い分野について、疾病と障害の成り立ちやその概念について学びます。

4年次

柔道整復の治療技術は臨床実習へと進みます。症状や疾患に応じて学ぶため、最新の西洋医学関連の科目も多彩に広がります。

教員メッセージ

写真

井口 理 講師

柔道整復師という名称は聞きなれない名称だと思いますが、町で開業している接骨院の先生と言えば皆さんもすぐにピンとくると思います。柔道整復師は、自然治癒力を引き出し患者さんのケガが治ることをお手伝いする伝統的接骨術だけでなく、現代医学の基礎的な事項についての知識も必要です。厚生労働大臣指定の国家資験に合格し免許を取得しないと柔道整復師になることができません。柔道整復術は、名前の通り柔道を源とするものです。つまり、柔道整復師は、文武両道に基づく資格なのです。柔道整復師が行う整骨術をマスターし、人々の健康づくりに役立ちたいと考えている皆さんを待っています。