学部・大学院

理学療法学科

理学療法学科について

真のプロフェッショナルの養成を目的に誕生

かつてない高齢化社会、ストレス社会の到来で、さまざまな疾患に悩む人が増える中、けがや病気で障害を抱えた人に対して「完全、または完全に近い回復」に向けた医学的リハビリテーションを行う「理学療法士(フィジカルセラピスト)」への期待が高まっています。本学科では、深い専門知識と確かな技術、医療人としての高い見識を兼ね備えた真のプロフェッショナル「治せるセラピスト」を養成します。


「経穴刺激理学療法」が学べる希少の学科

障害回復の手助けをし、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)を向上させる理学療法には、全人的な視野を持つ東洋医学に通じる面が多くあります。そのため、はり灸・スポーツトレーナー学科を置く本学では、本学科の鈴木俊明教授が、鍼灸の理論を多く取り入れた新しい理学療法として発表した「経穴刺激理学療法」を授業に取り入れます。 世界理学療法学会においても高い評価を受けるこの治療法を学べるのは、本学ならではの利点といえるでしょう。


より深く実践的に学べる実習設備が充実

「治せるセラピスト」の養成を目指す本学では、実践に即して学べる充実した設備を用いて、臨床経験豊かな講師陣の指導のもとで実習を行います。


神経疾患、精神疾患、スポーツ障害の新たな分野まで、活躍の場は無限大

高齢化が進む中、認知症や神経疾患、加齢に伴う慢性疾患などの治療を要する人のさらなる増加が予想されるほか、スポーツ障害を専門的に扱う人材も求められています。本学では、今後、新しい分野におけるリハビリテーションの臨床、研究・教育を進めるなど、新しい活躍の場の開拓につなげていきます。






ホーム > 学部・大学院 > 保健医療学部 > 理学療法学科