教員ブログ保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科

最初の一歩!

2017年11月10日

 
 みなさんこんにちは。保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の髙岸です。
 2017年も残すところあと2ヶ月となりました。日が暮れる時間も日に日に早くなり、秋の夜長を感じます。秋の夜長は夏の疲れを癒し、次に訪れる寒い冬に対する準備期間とも考えられます。心身共にリフレッシュ出来るように有意義に過ごしたいですね!

 さて、今回は大学生活4年間の、最初の一歩となる1年目で大切なことを伝えられたらと思います。
 関西医療大学に入学した学生さんは、学科ごとに目指す資格は違いますが、国家資格取得を目標にしていると思います。大学に行く意味を見いだせているという点では第一関門はクリアです!そして、その資格を取得後、どうしていきたいかという大きな夢も持っていることでしょう。それらを叶えるためには、どうすればよいのか??
 「勉強を頑張る!」という答えが大多数ではないでしょうか。それだけでは、漠然としすぎているかも知れません。

 まず、早く「大学生になる!」ことが大切です。大学に入学したら「大学生」と思うかも知れませんが、高校までと大学では大きな違いがあり、真の意味での「大学生」になるとはどういうことかを知っておく必要があります。
 高校までは受け身の姿勢でも大丈夫だったのですが、大学では積極的に行動しなければ得られるものは無いと思ってもいいぐらいです。つまり、「自ら学んでいかなければならない場所」であるということです。大学ではとにかく自ら考えて動き、決めなければならないことが多くあります。例えば、受講する授業です。時間割もある程度自由に決められるのです。それは、「自由」である反面、当然「責任」も全て自分にあるということですね。また、大学では、「考える力」と「人に意見を上手く伝える力」がより重要になります。レポートなどが良い例で、「明確な答えが無い問題」について問われることがあります。このような問いに対しては、問題について自ら調査し、自ら考え、自らの意見を分かりやすくまとめる能力が求められます。答えが無い問題だからこそ、大学で研究し、追求していく価値があると思いませんか?
 大学とは、この様な場所であると認識し、積極的に行動し、自らの行動に責任を持つことが出来るようになることが、「大学生になる!」ということです。

 次に、自らの行動の1つとしての「勉強」についてです。1年生で受講する科目はたくさんあり、どれも意味があるものなのですが、特に重点を置いて欲しい科目があります。それは、「解剖学」と「生理学」と柔道整復学の「総論」です。これらの科目は、目指す資格の土台であり、学年が上がるにつれて学ぶ専門科目の基礎となる科目です。これらの科目がしっかりと出来ていると、2年生以降がとてもスムーズに学びやすくなります。とはいえ、初めて学ぶ皆さんにとっては、学ぶ内容も量も一筋縄ではいかないものでしょう。でも、踏ん張って乗り切って欲しいのです!自転車でも漕ぎ始めはペダルが重いですよね!?でも、一旦漕ぎ出せて車輪が回り始めるとスムーズに漕いでいけますよね!その最初の重いペダルに相当するのが、1年生なのです。1年生で基礎科目にしっかりと取り組み、車輪を回してください!でも、目的地に達するまでには、上り坂もあり、ペダルが重くなることもあるでしょう。そういうときには、少し休憩をしてもいいですし、一旦自転車を降り、手で押して登ってもいいと思います。最初に漕ぎ出せた基礎があれば、必ず乗り切れます!

 人が何かをする際、明確な根拠や目的の有る無しはモチベーションに大きな影響を及ぼします。迷った時は入学時の気持ちを思い起こしてください!そして、常に挑戦的な気概を持って、大学生活4年間を楽しんでください!
1110.JPG


ヘルスプロモーション整復学科の臨床実習って?

2017年10月06日

 こんにちは。保健医療学部ヘルスプロモーション整復学科の尾原弘恭です!
 全国的にも有名な泉州地方の「だんじり祭り」も終わり、季節は秋へ・・・。体調を崩しやすい時季でもあるので気をつけてください!

 さて、今回のブログは4年次で実施する「臨床実習」についてのお話です。
 ヘルスプロモーション整復学科で取得を目指す「柔道整復師」のカリキュラムには、接骨院や診療所などの実際の医療現場で臨床実習をすることが義務付けられています。本学では附属接骨院で、実際の患者さん(近隣の地域住民、本学の学生や教職員の方々など)に対して実習をしています。
 柔道整復師にまず必要なのは、どのようなケガをしているのかの把握や、病気などが隠れていないかを判断する評価能力です。実習中、接骨院での施術は実習担当教員の補助が中心になりますが、実際の患者さんからお話を聞いたり、患部を視たり、触れたりすることによって情報を収集し、その評価能力を養うことに重点を置いています。 1006-1.JPG1006-2.JPG
 また、接骨院の事業として地域住民の健康増進を目的とした健康教室(「ここから始めるトレーニング習慣」通称:ここトレ)を月に1回開催しており、ここも実習の現場となっています。
 健康教室ではその運営(準備や受付、進行、片付け)や、参加者さんの救護などを実際に当事者として体験しながら実習をしています。 1006-3.JPG1006-4.jpg
 本学のヘルスプロモーション整復学科では、このような内容で実習をすることにより、ケガの施術だけでなく、ケガをしない身体づくり(ケガ予防)や、健やかに生活できるような手助け(健康プロデュース)を一手に担える柔道整復師育成を目指しているのです。
 今、社会では多様化することが求められています。柔道整復師もカタチにとらわれず多様化することによって、これからの社会に求められる存在になっていくことでしょう。
 皆さんも関西医療大学で社会に求められる柔道整復師を目指してみませんか?



オープンキャンパスの体験企画でアロマセラピーを行いました

2017年09月01日


 こんにちは。ヘルスプロモーション整復学科の山原です。7月に行われたオープンキャンパスでアロマセラピーの授業体験を行いましたので紹介します。
 アロマセラピーは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使用して、その植物の香りや作用を借りて心や身体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。精油には鎮静作用・冷却作用・加温作用・免疫賦活作用・抗菌作用などがあり、心と体に多くの作用をもたらします。
 柔道整復師は接骨院やスポーツ現場でケガの応急手当などを行う職業です。アロマセラピーで使用する精油には、打撲や捻挫の応急手当に役立てるものや、蓄積した疲労物質を流す作用があるものなど、柔道整復師が行う施術に活用できるものが沢山あります。また、精油の香りが心にも働きかけるため、心身ともにリラックスすることができます。
 今回の体験授業では、オリジナルブレンドオイルを作成し、そのオイルを使用してハンドトリートメント(マッサージ)を行うことで、柔道整復師が行う施術の一部も体験してもらいました。ハンドトリートメントの始めは手をホールド(両手で包み込む)するので、参加した生徒さん達は、初対面ということもあり照れていましたが、ハンドトリートメントをしていると会話が弾み和やかな雰囲気の中で体験授業をすることができました。精油の香りと働き、そしてタッチングの温もりで緊張が緩和されたからだと思います。
 ヘルスプロモーション整復学科でのアロマセラピーの授業は、柔道整復師としての知識をある程度修得した4年生で受講できる選択授業になっています。アロマセラピーは多くの現場で活用できるので、就職の幅を拡げてもらえたらと考えています。
 アロマセラピーはセルフケアとしても活用できるので、まずは自分自身の健康増進と維持のために好きな香りから使用し始めてほしいと思います。
 ヘルスプロモーション整復学科には、色々な現場で活躍している先生たちが居ますので、是非、話を聞きに来てみてください。

0901-1.png0901-2.png0901-3.png


やりがいある時間

2017年07月21日

 
 ヘルスプロモーションプロモーション整復学科の相澤です

 私はトレーニングや運動指導の専門家として、健康を目的とした一般の方への個別の運動指導や運動教室というような集団指導も行っています。これは現代社会のニーズに応える活動になっています。

 その一方で、私自身の趣味といいますかロマンともいえるかもしれませんが、将来プロスポーツ選手になりたいという夢を持っている少年や高校生の指導、プロスポーツ選手のトレーニングを指導するということもしています。

 私は、関西医療大学のキャンパスで選手の指導をする際には、希望する学生にはどんどん見学に来てもらいたいと思っていますし、来てくれた学生にはアシスタントをしてもらったり選手のカラダに触れてもらったり選手とのコミュニケーションも取ってもらっています。なぜならば、「プロ選手と触れた経験がまた次のプロ選手を呼ぶ」からです。

 ところで皆さんは、プロスポーツ選手への指導ってどんなイメージがありますか?
 妥協を許さない、厳しい世界と思われているでしょうか?
 確かに真剣な空気が漂うその空間は、外から見ると立ち入ることも恐ろしい空間に思えるかもしれません。しかし、その一方でお互いに敬意を持ちながら真剣にロマンを追求する時間は、まさに充実している極上の時間でもあります。
 皆さんは、真剣な相手の真剣な要望に真剣に応えていく経験をしたことがありますか。

 関西医療大学には、私の他にもプロスポーツ選手の指導にあたっている教員が多くいます。
 プロスポーツ選手の指導に興味のある方は、あとちょっとの勇気を出してそんな教員に声をかけてみてください。

 「プロスポーツ選手を相手にする」。関西医療大学の学生にとって、それはそんなに遠い世界の話ではありません。

YZ8A0587.JPGYZ8A4070.JPGYZ8A4381.JPGYZ8A4397.JPG


ヘルスプロモーション整復学科4年生 決起集会開催!!

2017年06月16日


ヘルスプロモーション整復学科  織田 育代

 5月20日ホテルバリタワー大阪天王寺にて、ヘルスプロモーション整復学科4年生のクラス会が開かれました。毎年4年生のクラス会は、来年3月の柔道整復師国家試験に向けての決起集会も兼ねており、学生が主体となって開催しています。今年もお忙しい中、非常勤講師の先生方にも多数ご参加頂きました。学生にかわり御礼申し上げます。
 開会は、金井学科長よりご挨拶があり「来年3月のクラス会では全員で美味しいお酒を飲みましょう!」と激励を受け、司会の4年生久保君の乾杯で始まりました。美味しいお料理と飲み物で和やかに歓談が進み、会も中盤に差しかかったところで恒例(?)のカラオケ大会が始まりました!エントリーされた8名の先生および学生達が各々自慢の歌を披露し大いに盛り上がりました。今回のクラス会で一番印象に残ったのは、カラオケ大会の優勝者が友人に景品を譲った際の譲られた彼のコメントです。彼は、譲ってくれた友人に感謝の意を述べ、また周りの友人や先生方にも感謝し、この感謝をお返しするのは国試合格だと自ら断言しました。彼のこれからの頑張りに期待しています!
 閉会は、五十嵐教務委員長よりご挨拶があり、ヘルスプロモーション整復学科7期生全員の国試合格を祈願して、最後に集合写真を撮影し終了となりました。今回の決起集会では、学生達も国試に向けて決意を一層固めた事と思います。来年3月のクラス会では、合格の喜びを全員で分かち合いたいと思います!!

0616.JPG


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL