教員ブログ保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科

大学でできること : 研究編

2017年02月24日

 
 みなさんこんにちは。保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の髙岸です。
 2017年になり、早2ヶ月が経とうとしています。年齢を重ねるにつれ、月日が経つのがどんどん早くなってきていますが、何となく過ごしても、何かに取り組んでも同じ1日!充実した日々を過ごしたいものです。

 今、4年生は3月5日(日)に実施される第25回柔道整復師国家試験に向けて最後の追い込みをしているところです。あと8日ほど、何とか踏ん張って合格を勝ち取って欲しいのですが、ここまで来ると見守る事しか出来ないのが歯がゆいです。4年生のみんな、頑張れ~!
 このように、本学科に入学した目標には、国家資格である柔道整復師の資格を取得するということが成果として形に残るものの1つですが、それだけではもったいないように感じます。大学生活の4年間は自分の意識の持ち方次第で多くのことを経験できます。大辞林第3版によると、大学とは、「学術の中心として、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授・研究するための学校」とあり、教育機関と研究機関の両面があります。本学科では、強制的ではなく自主的に研究活動に参加できるようになっています。学生さんには知識を授けられるだけでなく、研究にも興味をもって自分から進んで行動を起こせるようになって欲しいです。11月に開催された「第25回日本柔道整復接骨医学会学術大会」には在学生も卒業生も参加してくれました!この輪がもっと拡がることを願っています。

 では、実際に研究活動に参加していた卒業生の声を紹介します。
 プラス面としては、「知識が増えた」「有意義な時間が過ごせた」「調べるという習慣が身についた」「先生と話す時間が増えた」「自分の知らない世界が知れた」「物の見方が大きく変わった」「幅広い視野をもつことができるようになった」「学会で発表して人前で話すことの楽しさを知れた」などの声がありました。
 マイナス面としては、「データをとるのがしんどかった」「やらなければならないことが多い時は自分の自由時間が減ってしまう」「被験者さんの都合に合わせなければならないのが大変だった」「時間がしばられる」「メンバーとの連携がうまくいかないことがあった」「メンバーとギクシャクすることがあった」などがありましたが、メンバーとの関係については、そのような時にどう解決していくのかを考え、行動することを学べたと考えれば、プラス面ととることもできると思います。
 後輩へのメッセージとしては、「自分は参加して良かったので、是非、参加・体験して欲しい!!」とのことでした。

 研究をしていくということは、楽しいことばかりではありませんが、物事の考え方や、対応力、表現力、忍耐力が身につき、今後の人生においてプラスにこそなれマイナスになることはないと思います!
 大学卒業後は研究とは全く縁のない生活を送る人もたくさんいます。大学生活の1つの経験として、また、充実した日々を過ごすための1つの要素として研究活動に参加してみてください!

170224.png


健康運動実践指導者の試験が終わりました

2017年01月20日

 
 こんにちは、ヘルスプロモーション整復学科の五十嵐です。
 今回は、ヘルスプロモーション整復学科で取得できる資格の「健康運動実践指導者」についてお話しします。
 健康運動実践指導者は、「健康・体力づくり事業財団」が認定する資格で、健康教室や健康運動指導を行っている人が基礎資格として持っている事の多い資格です。ヘルスプロモーション整復学科では、もともと柔道整復師が柔道から発祥した医療資格であることから、医療の知識と技術に加え、健康運動を実際に指導・助言できる知識と技術を身につけることにより、国民の健康づくりに貢献できるようになることをめざしています。
 健康運動実践指導者を取得するためには、実技試験と筆記試験に合格する必要があります。本学では、この試験を3年生の後期に受験しています。そして、受験した学生が全員合格できるよう、実技と筆記の試験対策を行っています。
 今年度の資格試験は、11月に実技試験が大阪産業大学で、12月に筆記試験が大阪駅前第3ビルで行われました。実技試験の課題は、有酸素運動か水中運動のどちらか一方の指導を5分間実演する事です。学生たちは、最初の実技試験対策補講では自信なさそうに実演していましたが、練習の回数を重ねるに従いだんだんと上手にできるようになり、最後には自信を持って実演できるようになりました。
 そして、実技試験が終わるとすぐに筆記試験の対策に取りかかり、試験に臨みました。
 試験が終わったときの集合写真をお見せします。学生たちの晴れ晴れとした表情をご覧ください。(写真1、2、3)
 学生も、私たちも一緒に頑張った結果は3月に発表されます。今はその日を楽しみにしながら過ごしています。
 皆さんも一緒に「健康運動実践指導者」をめざしてみませんか。

0120-1.JPG0120-2.JPG0120-3.JPG



附属接骨院はこんな感じです!

2016年12月02日


ヘルスプロモーション整復学科  織田育代

1202-1.jpg
 こんにちは。ヘルスプロモーション整復学科(HPS)の織田です。
 今回のテーマは「附属接骨院はこんな感じです!」です。関西医療大学附属接骨院では、管理柔道整復師の中西先生をはじめ、本学科の柔道整復師の先生方が各曜日・時間ごとに担当しています。柔道整復師法の条文解説には、「柔道整復師の業務は、骨折・脱臼・打撲・捻挫等に対してその回復を図る施術を業として行なうものである。」とあり、接骨院は主に上記の外傷に対して施術を行う場所となっています。附属接骨院では、これらの急性外傷に対して保険を使って施術することができるので、ヘルスプロモーション整復学科の学生はもちろん、その他の学科の学生も負傷の際には気軽に来院してください。

1202-2.jpg1202-3.jpg実習中

 また、本学科4年次には、3年次までに学修してきた各分野を総合的にリンクさせ、理解を深めることや技術の向上を目的に「整復臨床実習」として実習の現場にもなっています。
 さらに、附属接骨院では、本学科の名称にもある「ヘルスプロモーション(ヘルス=健康、プロモーション=増進)」の名の通り、従来の外傷後のケアのみならず、みなさんの健康増進に役立つ運動指導も行なっています。火曜日午後の運動指導は、相澤先生が身体の機能維持および改善や脳の活性化にも繋がる指導を一般の方々を対象に実施しており、皆さん楽しみにお越しになっています。また中西先生をはじめ他の先生方も予約制で随時運動指導を実施しています。教職員の方々も「続々参加中!」です。

1202-4.jpg1202-5.jpg1202-6.jpg1202-7.JPG応援中!!


 また、地域の皆さんを対象に原則月1回の健康教室「ここから始めるトレーニング習慣(通称:ここトレ)」も開催しています。学科を問わず学生スタッフを募集していますので、興味のある方はお気軽にご参加下さい。

1202-8.jpg1202-9.jpg

10月からは、本院に「InBody 720」が導入されました!
「InBody 720」は、体成分分析・骨格筋、脂肪・肥満診断・筋肉バランス、その他栄養評価・体重管理・脂肪診断・身体バランス、強度・健康評価・体重調節・浮腫(部位別浮腫含む)などこれらを瞬時に測定する優れモノで、気になる人は是非是非一度試してみてください!意外と知らない自分の身体の中身。定期的に測定する事で体組成変化が確認できるのでお勧めです。興味のある方は気軽に接骨院に来てください。

1202-10.jpgInBody 720

1202-11.jpgInBody測定中



ヘルスプロモーション整復学科の勉強の楽しさって

2016年10月28日

 皆さん、こんにちは。関西医療大学ヘルスプロモーション整復学科(HPS)の井口です。
 今回のテーマは『ヘルスプロモーション整復学科の勉強の楽しさって』です。
 正直申しまして、最初のうちは国家試験のための勉強はしんどいです、辛いです、大変です。勉強って考えると余計に嫌なことのように感じてしまいます。でも、マンガを読むのは普通のことなので、何時間も読めてストーリーも覚えています。雑誌も普通に読めて内容も把握しています。小説もそうです。一方、勉強はというと何か特別なことをしているかのような錯覚に陥ってしまいがちです。しかし、大学は勉強をするところなので、勉強をすることが普通のことなのですね。
 先日、卒業生が遊びに来てくれたときこんなことを言っていました。「確かに国家試験の勉強は大変でした。でもガンバって勉強して良かったと思います。大学で勉強したことがそのまま仕事の役に立つので、もっと勉強しておけば良かったと思い、もう一度勉強し直しています。国家試験以外にも、健康運動実践指導者の資格も直接役に立っています」。さらに、「今は新カリキュラムになって、トレーニング指導者やアロマセラピーの資格も取れるのですね?羨ましいですね」と言っていました。彼は、学生時代から自主的にトレーナー活動をしており、社会人となった今でも続けているようです。
 彼いわく、「ヘルスプロモーション整復学科では資格取得や様々な活動が、強制ではなく自由に行える環境が揃っている」そうです。ですから、楽しく色々なことに挑戦できて良かったと言っていました。
 それでは、皆さんにとって良い進路が決まりますように。ガンバってください!



医療を学ぶことと競技スポーツの両立

2016年09月23日


 ヘルスプロモーション整復学科の牛島です。学生たちが柔道整復に興味を持ったきっかけは、「中学、高校の部活動で怪我をした際に接骨院へ行った」、がいちばん多いのではないでしょうか?私も小学校から高校まで水泳をしており(写真黄色のシャツが17歳当時の私です)、鍼灸師だった母、柔道整復師だった父には競技生活を通じて面倒をかけ続けた一人です。そんな環境で育ったものですから、父や母のように怪我や痛みを治す仕事がしたい、と自然と思うようになっていました。
0923-1.jpg
 そんな私が大きく壁にぶつかったのは高校3年生の時で、小学校時代からの悲願だった全国大会への出場を機に何校かの大学から勧誘を受け、進路に悩むことになりました。私としては一日も早く、当時専門学校でしか取得できなかった柔道整復師の資格を取って、怪我に悩む選手たちをサポートしたい、でも父は「大学を卒業してからでも遅くない」とそれを認めてくれませんでした。柔道整復師と診療放射線技師、二つの医療国家資格を持つ父は、息子には大学に進んで視野を広く持って欲しい、という強い気持ちがあったようです。父の勧めに従い、誘いのあった大学に進学しましたが、とてつもなく遠回りをさせられている感じに耐えられなくなり、2年で中退。専門学校に移り柔道整復師の資格を取得しましたが、大好きだった水泳からはいつからか遠ざかっていました。
 しかし、それから20年以上経った今、私は関西医療大学で教員をする傍ら、水泳競技部の監督として競泳に携わり、30名近い部員を率いています。最初は地域のイベント的な大会に出場するだけだったのが、2012年からは競泳日本代表クラスも出場する関西学生選手権と医療系大学西日本No.1を決める西日本コメディカル学生水泳競技大会にも出場、西日本コメディカルでは2014年から3年連続で男女総合優勝するまでになりました。

http://www.kansai.ac.jp/admission/supportblog/campuspress/15.html

 「プールを持たない本学の水泳部」の、チームとしての練習は毎週月曜日の18時から2時間だけ、ある学年や学科にとっては講義や実習の都合でその練習にすら参加が難しい時もありますが、部員それぞれが創意工夫して競技を続けています。「競泳は個人競技」と思われがちですが、一緒に練習し、試合では応援してくれる助け合う仲間がいないと続けることのできないスポーツです。関西医療大学の水泳競泳部は、それを証明しているチームで、大学では競泳に充分打ちこめなかった私は、部員たちをみてとても羨ましく、また、彼らを誇らしく感じるくらいです。
0923-2.JPG
0923-3.JPG

 もう一つ、彼らを応援したい点は、「資格取得を目指している」ということです。「スポーツをするから勉強はしない」でも、「勉強に打ち込むからスポーツをしない」でもなく、競技生活を続けながら大学で学問にも打ち込んでいることです。競技と学問、どちらも諦めず大学生ならではのキャンパスライフを満喫している彼らに、心からエールを送りたいと思います。
 アメリカやカナダにはオリンピックに選手として出場したときすでに医師だった、あるいは競技を引退した後に医師になった人も少なからずいます。本学で医療を学ぶ学生からオリンピックに出場する選手が出てきてもいいのではないか、(そして、いつかタイムマシンができた時には1989年に戻って、過去の自分を勧誘してあげたい)、と遠くのゴールを見据えて部員たちと向き合っています。


学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL