教員ブログ保健医療学部 臨床検査学科

インフルエンザと臨床検査

2017年11月17日


臨床検査学科  竹田 知広

 これから受験シーズンを迎えるにあたり、受験生にとって最大の敵は、体調管理といっても過言ではないと思います。その中でも感染力の強さから最も注意が必要なのは、インフルエンザです。インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染による急性ウイルス性呼吸器疾患(いわゆる風邪症状)で、その特徴は高熱が出やすいことです。私が子供のころは、冬に風邪症状と38℃以上の発熱があるとインフルエンザと診断され、解熱剤などの対処療法が中心でした。しかし、皆さん経験がある方が多いと思いますが、現在は違います。
 インフルエンザが疑われる症状があると、まず、ウイルスが鼻粘膜などにいるか確認をします。ここで我々臨床検査技師の登場です。平成27年度より、臨床検査技師の検体採取を可能とする法改正があり、インフルエンザの疑いがある患者さんの鼻粘膜などから検体を採取できるようになりました。その後の検査ももちろん臨床検査技師が行い、結果が陽性であれば、医師より抗インフルエンザウイルス薬の投与が行われます。私も経験しましたが、早期に診断され、正しい治療が行われると非常に体が楽になります。
 臨床検査技師は、正しい結果を返却し、治療を支えています。しかし、検査をいくら頑張っても、検体採取が誤った方法で行われるとインフルエンザ陽性患者さんでも陰性の結果になる可能性があります。臨床検査技師は、正確・精密な検査を行うため、検査室の中だけでなく、外来や病棟で他の医療職種と連携をとりながら、患者さんの診断、治療に貢献するため活躍しており、そのフィールドがますます広がっています。本学では、現場でご活躍の先生方を招いて、授業や学内外の実習を通してこのような臨床現場で活躍できる人材育成を行っており、現場で患者さんのために活躍できる臨床検査技師を輩出していきたいと思っています。
 朝夕めっきり冷え込む日が続いています。受験生の皆さんは、これまでの努力をいかんなく発揮できるように体調管理には気をつけていただき、不運にもインフルエンザの可能性がある場合は受診し、検査、治療を受けてください。未来のあなたが働いていることを想像しながら・・


卒業生との再会

2017年10月13日


臨床検査学科 後藤 きよみ

 一期生が卒業して、はや5ヶ月が経ちました。学校に来て近況報告をしてくれる卒業生もいる中、4人の卒業生が先日わが家に遊びに来てくれました。仕事でのエピソードなど、話を聞いているうちに社会人としての自覚や責任のある言葉が聞かれ、すっかり社会人になったものだと感心しました。7ヶ月前までの国家試験の勉強を一生懸命に頑張っていた姿が浮かんできて、感慨もひとしおでした。
 教員として、いつも思い知らされていることは、学生時代の成績は社会に出るとあまり当てにならないということです。学生の評価は座学や実習の成績で問われますが、実際その評価は学生の一部分の評価にすぎず、社会に出てからの評価とはかなり異なることがあります。苦労して卒業した学生も、今では生き生きと働いて笑顔で将来の夢などを語ってくれます。この大学を選び、入学して仲間と苦楽を共にして卒業し、当初の目標が叶えることができて本当に良かったと思っています。
 今年も、10月中旬から臨床の現場に3年生を送り出す時期がやって参りました。ここでも大学より優れた評価を頂くことや、実習態度を褒めていただいたりする学生が多くいます。そこには、医療人としての自覚や現場での気配りなど社会性を重視した評価も多く含まれているからだと思います。
 大学生活は、卒業がゴールではなく、そのあとの社会に出るまでの準備期間です。これからも、社会性を身につけた学生を多く輩出できるように努力していきたいと思っています。

    


講義で伝えたいこと

2017年09月08日

 こんにちは、臨床検査学科 紀平です。
 講義では臨床病態学Iと加齢医学などを担当しています。神経内科も担当していますが、最近は超高齢社会の影響が神経内科外来にもひたひたと押し寄せています。高齢の患者さんや認知症の患者さんの受診が年々増加し、しかもなかなか解決策の見つけ難い問題も多くなっています。独居高齢者、独居で認知症を有する患者さん、介護者が認知症を発症しているケースなど、ますます深刻な社会問題になっています。このところの猛暑では、高齢でなくても体調を崩してしまいそうですが、高齢者は特に健康管理に注意が必要です。訪問看護ステーションやケアマネージャーさんの介入を含め地域医療連携が極めて重要となっています。
 臨床検査学科では臨床病態学Iを担当しています。病気の発症機序、臨床症状、鑑別診断、検査計画、治療と予防などについて、症例を提示しながら学べるように工夫しています。臨床検査技師の役割として、正しい診断に結びつく検査データを正確かつ迅速に提供することが大切ですから、講義では知識や技術の習得に重きが置かれます。しかし、それを十分認識した上でやはり患者さんの社会的な立場や家族関係など、疾病からくる影響について知ることは大切と思っています。それらについてもできるだけお話していきたいと思っています。
 また、私は本学保健看護学部や保健医療学部の教員方と共同で限界集落の健診や神経難病であるALSの研究を行っています。山間過疎地での高齢者の生活や健康維持のために行われている種々の活動について興味のある学生さん、あるいは動物 実験で組織標本の作成や染色に興味のある学生さんは是非一度見学に来てください。


素敵な花を咲かせるために...

2017年07月28日


臨床検査学科  大西 基代

 臨床検査学科の色を完成してほしいと2014年にこのブログで書きましたが、今年の3月に一期生が巣立ち、臨床検査学科の色は?と考えながらブログを書いています。やはり4学年が全揃い、学科特有の雰囲気が出てきました。女子学生の多い保健看護学科とも、スポーツに関わってきた学生の多い理学療法学科、はり灸・スポーツトレーナー学科、ヘルスプロモーション整復学科とも違い、一人一人個人で見るとわかりませんが、グループで集まっていると何色かと表現するのは難しいですが、臨床検査学科の学生だとわかるようになりました。
0728.jpg
 近頃では、毎朝、正門からの桜並木の木漏れ日に、爽やかな気持ちと活力を得ています。このブログがアップされるころには、梅雨から暑い夏に向っており、桜並木が雨や日差しを柔らかくしてくれていると思います。この桜並木は、本学が短期大学時代に植樹されたもので、手入れをしていただいている方々のおおかげで毎年とても綺麗に花を咲かせています。この桜を見ると教育と重ね合わせ、

   光を浴び栄養を蓄え=技術や知識を蓄え
   厳しい冬を耐え=試験を乗り越え、目標を見失ったときも乗り越え
   春に花が咲く=進路を決め卒業を迎える

に置き換えて、しっかりと学生に向き合って信頼関係を築き(植物の手入れに当たる)、知識や技術だけでなく人として成長するのを見守れることができれば、きっと身の丈にあった進路を見つけることができ(素敵な花を咲かせることができる)、毎年色褪せずに続いていくのではと考えています。
 在学生特に今年度の新入生には、木々と同じように、4年間春に花が咲くため、しっかりと光を浴び栄養を蓄え、厳しい冬をたえ乗り越えて下さい、と伝えたい。
 そして、私は自分の教育に向かう姿勢をもう一度振り返って考えています。
 


臨床検査学科第一期生卒業
-第63回臨床検査技師国家試験 合格率98%-

2017年06月23日


臨床検査学科学科長  近藤 弘

 今春、臨床検査学科は第一期生が卒業し、去る2月22日に施行された第63回臨床検査技師国家試験の第一期生合格率は98.0%(合格者数48人/受験者数49人)であり、全国的にみても上位(11位)に位置しました。第一期生のため、お手本とする上級学年がいないなか、学生相互で教え学びあい、学生と教員間で様々な工夫を重ねながら、目標に向かって進むことができたことが何よりもよかったと思います。なお、厚生労働省が公表した出願者全体の合格率は78.7%(合格者3729人/受験者4739人)、これらのうち新卒者の合格率は89.9%(合格者3481人/受験者3870人)でした。
 また、卒業後の進路につきましては、進学(大学院5.5%)、病院(70.5%)、健診センター(3.7%)、検査企業(12.9%)、治験企業(5.5%)、一般企業(1.9%)など、様々な道へ羽ばたいていきました。大学院は本学大学院および奈良先端科学技術大学院、病院は大阪大学医学部附属病院、和歌山県立医科大学附属病院、関西医科大学病院、国立循環器病研究センター病院、国立大阪医療センター、日本赤十字和歌山医療センター、大阪府立国際がんセンター、大阪府立急性期・総合医療センター、堺市立総合医療センター、公立那賀病院、大阪労災病院、星ヶ丘医療センター、大阪警察病院、舞鶴共済病院、多根総合病院、岸和田徳洲会病院など、健診センターは関西労働保健協会など、検査企業は株式会社LSIメディエンス、株式会社エスアールエルなど、治験企業は株式会社アイロムなどでした。
 今後も、卒業時に学生たちにとって満足度の高い結果が得られるよう、全教員が力を合わせて学科運営に努めて参りたいと存じます。関係各位のご理解とご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。



学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL