教員インタビュー

資格をもっているからこそできることを考えて
取り組んでほしい。

保健医療学部
ヘルスプロモーション学科

講師相澤 慎太Shinta Aizawa

関西医療大学の特長・魅力は?

医療の仕事がしたいという明確な目標をもった学生が集まった大学だということです。高いモチベーションで勉強に取り組むことができ、領域の異なる学生と交流を図ることで向上心を伸ばすきっかけにもなります。

ヘルスプロモーション整復学科の特長・魅力は?

柔道整復と運動指導の両面の知識と技術を学べることが、いちばんの特長です。このカリキュラムによって、ケガをした人の治療から、障がい予防や健康増進のサポートまで行える力を身につけることができます。
教員がバラエティに富んでいることも特色です。いろいろな価値観にふれることで、視野を広げるきっかけになるでしょう。また、教員は学生の顔や名前、個性まで把握しており、きめ細かい指導とサポートをしています。

相澤先生が担当されている科目の内容と、指導するうえで大切にされていることは?

「スポーツと健康」「スポーツトレーニング論」「フィットネス実習」「生涯スポーツ」などの科目を担当しています。
スポーツが人々の健康にどのような効果があるのかといったことから、具体的なコーチングテクニックまで指導しています。実践的な実習に力を入れ、学生が興味をもつ題材を取り上げながら楽しく学べるように工夫しています。

相澤先生はどのような研究活動をされているのですか?

高齢者の運動をテーマにした研究に取り組んでいます。その他にも、自治体や企業が開催する健康関連イベントの講師として、介護予防についての講演を行っています。
超高齢社会がますます進む日本において、介護予防の重要性はさらに高まっているので、使命感とやりがいをもっています。

相澤先生がスポーツトレーナーをめざされたきっかけは?

学生時代はずっと野球をしていて、将来は野球の指導者になりたいと思っていました。しかし先輩方からスポーツトレーナーについての話を聞き、さまざまな競技でがんばるアスリートのパフォーマンスアップや、一般の方々の健康のお手伝いがしたいと考えるようになり、スポーツトレーナーをめざしました。

スポーツトレーナーとして大切なことは?

ひと口に「スポーツトレーナー」といっても、アスリートに対するサポートと、一般の方々の健康サポートでは、アプローチの仕方がまったく異なります。対象となる相手の気持ちや目標・状態を理解して、最大の効果を生むアドバイスをすることがスポーツトレーナーの役割だと考えています。
教員としては、学生の皆さんのモチベーションを高め、一人ひとりの個性を発揮できる指導を心がけています。まずは、学生の意欲やできたことをきちんと認めてあげることを大切にしています。気軽に夢や悩みなど、いろんなことを話し、一緒に考える。そんな関係でありたいですね。

関西医療大学での4年間で学んでほしいことは?

たしかに資格はキャリアを築くうえで必要なものであり、強みにもなります。しかし、せっかく資格を取るのであれば、それに頼るのではなく、資格があるからこそできることを考えてほしい。
学生の特権は何度も失敗し、チャレンジできること。結果を恐れず、いろいろなことを経験してください。そして、自分がめざす領域以外のネットワークづくりも忘れずに。それは将来必ず役立つはずです。

教員プロフィール

健康につながる生活習慣は大きな教養です。
心も体も健康で爽やかな医療人をめざして頑張りましょう!
気軽に研究室に来て下さい!

相澤 慎太(あいざわ しんた)
保健医療学部 ヘルスプロモーション学科

<担当科目>
生涯スポーツ、フィットネス実習I、スポーツと健康、スポーツトレーニング論、健康スポーツ理論

東海大学体育学部体育学科コーチングコース、東海大学大学院体育学研究科体育学専攻を卒業後、修士(体育学)を経て、現在は、健康運動指導やスポーツトレーニング、スポーツ指導方法分野を担当している。

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL