ABOUT US
学校案内
3つのポリシー

大学院

修士課程

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

関西医療大学大学院修士課程は、建学の精神に基づき、所定の単位を修めて保健医療に関する学術理論と研究方法・技術を修得し、研究成果としての修士論文の審査に合格した次の資質と能力をもつ者に修士(保健医療学)の学位を授与します。

  1. 保健医療分野の専門職としての高い倫理観に基づく行動力
  2. 保健医療分野の専門知識と技術に基づく論理的思考力と課題発見・解決力
  3. 保健医療分野におけるリーダーとしての責任感と判断力
  4. 保健医療分野の専門領域の発展に貢献できる研究実践力
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学大学院修士課程は、教育課程の中に保健医療や医療倫理に関する幅広い知識を涵養する共通教育科目、保健医療学分野における専門性を高めて高度専門職業人に必要な技術と知識を学ぶ専門教育科目、ならびに基礎的な研究実践力を修得する特別研究科目を体系的に配置して、保健医療分野のリーダーに求められる次の資質と能力を養成します。

  1. 保健医療に携わる者に求められる高い倫理観と行動力
  2. 広い視野に基づく情報収集力と課題発見・解決力
  3. 保健医療分野の専門職としての知識と技術
  4. 論理的思考と科学的分析に基づく探究力と研究実践力
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学大学院修士課程は、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、保健医療に関する基礎または臨床研究を通じて保健医療を科学化し学問体系を確立すること、ならびに高い倫理観と専門性を身につけて我が国の保健医療の発展に貢献することを目指す次のような熱意ある人を広く求めています。

  1. 保健医療の専門領域においてキャリアアップを図り、リーダシップを発揮したい人
  2. より高度で専門的な知識と技術を修得して保健医療に従事する意欲をもつ人
  3. 保健医療分野における専門領域の第一線で活躍する研究者や教育者を目指したい人

後期博士課程

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

関西医療大学大学院博士後期課程は、建学の精神に基づき、所定の単位を修めて保健医療に関する学術理論と研究方法・技術を修得し、研究成果としての博士論文の審査に合格した次の資質と能力をもつ者に博士(保健医療学)の学位を授与する。

  1. 保健医療分野の主導的臨床専門職としての高い倫理観に基づく主体的行動力
  2. 保健医療分野における課題発見力と高度な論理的思考に基づく課題解決力
  3. 保健医療の各分野を牽引するリーダーとしての責任感と判断力
  4. 世界の保健医療分野の発展に貢献し、後進の指導を担える研究実践力
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

関西医療大学大学院博士後期課程は、教育課程の中に保健医療や医療倫理に関する幅広く深い知識を涵養する共通教育科目、保健医療学分野における主導的臨床専門職となり得る高度で先進的な技法と知見を学ぶ専門教育科目、並びに主体的な研究実践力と研究成果の発信力を修得する特別研究科目を体系的に配置して、次世代の保健医療分野を牽引するリーダーに求められる次の資質と能力を養成する。

  1. 先進的保健医療に関わる複雑な状況に対処しうる判断力と倫理的行動力
  2. 深い学識と広い視野に基づく高度な情報収集・調査能力と課題発見力
  3. 保健医療分野の主導的臨床専門職となり得る最新の専門知識・技術とその実践力
  4. 科学的手法と論理的分析に基づく優れた研究実践力と課題解決力
  5. 専門分野を含む学際的研究領域において国際的水準で議論できる討論力
  6. 研究成果を世界に向けて発信し、保健医療学分野を牽引する情報発信力
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

関西医療大学大学院博士後期課程では、本学の建学の精神「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」を理解し、これまでに学んできた専門知識や技術を深化させ、保健医療に関連する学際的研究分野の発展に積極的に役立てようとする意欲と展望をもつ次のような熱意のある人を広く求めています。

  1. 保健医療学に関する基礎的研究と臨床への応用を実践するため、高い倫理性のもと幅広い学識と体系的な専門知識及び先進的な技術を身につけて行動したい人
  2. 保健医療学の各領域における課題の発見と解決に貢献し、未来へ向けた新しい保健医療の構築と発展に寄与するリーダーとなる意欲をもつ人
  3. 論理的思考を身につけ、保健医療学の高度な学術研究の遂行に意欲をもち、自らの研究成果を世界に発信しようとする目的意識のある人