関西医療大学

PHYSICAL THERAPY
学部・大学院 | 保健医療学部

理学療法学科

Photo
東洋医学との連携や
スポーツ障害への対応など、
その進化とともに、
活躍の場が広がり続ける
理学療法の世界

学科の特色

Feature

医療への期待に応える「治せるセラピスト」、理学療法士を養成

障がいを抱えてしまった人々の回復をサポートし、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)を向上させる理学療法士。高齢化に伴う慢性疾患や神経疾患、精神疾患をはじめ、スポーツ障害への対応、鍼灸の理論を導入したリハビリテーションなど、その活躍の場は多岐にわたっています。本学では"治せるセラピスト"の育成をめざして、常に先進的な研究に取り組んでおり、その代表がリハビリテーションに鍼灸の知識や技術を取り入れた「経穴刺激理学療法」です。業界でも高い評価を得る同治療法を学べるのも本学ならではのメリットです。

理学療法を行うために必要な、高い水準の理学療法評価技術を習得。

理学療法士が理学療法を行う前には、理学療法評価が重要になります。本学では、教員の指導のもとで高い理学療法評価技術を身につけることが可能です。その中で、頻回な実技試験を行い到達度を確認します。

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

学びのポイント

  • Point1

    Photo
    東洋医学との連携ができる
    人材の育成

    理学療法は、障害回復の手助けをし、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)を向上させる治療方法であるため、全人的な視野を持つ東洋医学に通じる面が多い。理学療法において東洋医学的視点からアプローチできることは本学の大きな特徴である。理学療法学と東洋医学との連携を図ることで、より人にやさしい治療活動の実現に結びつけていきたい。

  • Point2

    Photo
    神経難病、精神疾患分野に
    強い人材の育成

    本学では、神経難病や精神疾患の医療および理学療法の臨床・研究面でも実績を重ねてきた。この分野の理学療法に関する教育を行い、理学療法が従来から対象としてきた領域に加えて、新しい活躍の場の開拓につなげていく。

  • Point3

    Photo
    スポーツ障害分野に
    強い人材の育成

    本学では、スポーツ障害分野の理学療法を専門とする多くの教員の経験を基礎として、スポーツ障害や健康スポーツにおけるリハビリテーションの臨床、研究を進め、これを実践する理学療法士の養成につなげていく。

  • Point4

    Photo
    臨床実習重視の
    カリキュラム

    本学は、「臨床実習は、学内教育の体験学習である」と考えている。そのためには、臨床実習の指導水準を本学の教育水準に合わせることが重要である。そこで、理学療法関連科目は全て本学教員が中心となって執筆したテキストを用いて講義し、具体的な実習指導方法について教員・実習指導者が相互に確認することで臨床実習を円滑にする。本学では、3施設(1施設は8週間)での臨床実習を実施しており、その他の見学実習なども豊富におこなうことで優れた臨床家を養成する。

臨地実習施設

  • 大阪晴愛病院
  • 宇治田循環器科内科
  • 葛城病院
  • 萱島生野病院
  • 岸和田平成病院
  • 北須磨病院
  • 北出病院
  • 喜馬病院
  • 関西医科大学くずは病院
  • 神戸マリナーズ厚生会病院
  • 榊原白鳳病院
  • 桜ヶ丘病院
  • 角谷整形外科病院
  • 角谷リハビリテーション病院
  • 摂津ひかり病院
  • 田辺記念病院
  • 田辺中央病院
  • 玉井整形外科内科病院
  • 丹後ふるさと病院
  • 伏虎リハビリテーション病院
  • 中谷病院
  • 永山病院
  • なにわ生野病院
  • 西和歌山病院
  • 寝屋川ひかり病院
  • 寝屋川生野病院
  • 伏見岡本病院
  • ポートアイランド病院
  • 名谷病院
  • 守口生野記念病院
  • 六地蔵総合病院
  • あい整形外科リハビリクリニック
  • 第二なぎさクリニック
  • チョウクリニック
  • 辻秀輝整形外科
  • なかつか整形外科リハビリクリニック
  • 龍神整形外科
  • 介護老人保健施設ヴァンベール
  • 介護老人保健施設大阪緑ヶ丘
  • 介護老人保健施設すみれ苑
  • 介護老人保健施設メデケアタマイ
  • 介護老人保健施設ライフケアながやま
  • 介護老人保健施設万葉テラス
  • 介護老人保健施設みさき
  • 介護老人保健施設ローズ
  • 守口老人保健施設 ラガール
  • 門真老健ひかり など

学びのステップ

  • Photo

    1年次

    総合教育科目および人体の構造、人体の機能など専門教育科目での基礎医学科目を学びます。また理学療法の臨床体験を通して理学療法士になるための勉学意欲を高めます。

  • Photo

    2年次

    内科診断学・外科診断学など臨床医学的な科目を通して、障害の成り立ちや回復の促進について学びます。理学療法評価に関する科目を学び、理学療法士に必要な評価技術を獲得します。

  • Photo

    3年次

    理学療法治療学についての科目が広がり、より具体的で実践的な治療技術について学びます。また臨床実習も始まります。

  • 4年次

    病院やそれ以外の施設での臨床実習が中心。医学的リハビリテーションの全体像やさまざまな施設での理学療法の特徴を修得します。

教員メッセージ

Photo

鈴木 俊明 教授

"治せるセラピスト"としての確かな知識・技術が習得できる
本学科のカリキュラムを、ぜひ体感してみてください。

本学科では豊富な実習をはじめ、1年次より密度の濃いカリキュラムを組み、学生に要求する水準も高く設定しています。その学びが、本学がテーマとしている"治せるセラピスト"の育成につながり、身につけた力は将来の自分や患者さんのために必ず役に立つでしょう。実際に、現在8期生までが社会で活躍していますが、すでに役職についている卒業生もいます。