関西医療大学

ABOUT US
学校案内
情報開示

修学上の情報

1. 学修の成果に係る評価の基準

学部

試験またはレポート等により、S(100点〜90点)、A(89点〜80点)、B(79点〜70点)、C(69点〜60点)、D(59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

このほか、各学生の成績の位置づけ、進級判定、特待生の選考などに用いる客観的な評価指標としてfunctional GPAを用いる。

大学院

試験、レポートおよびプレゼンテーション等により、S(100点〜90点)、A(89点〜80点)、B(79点〜70点)、C(69点〜60点)、D(59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

2. 卒業または修了の認定にあたっての基準

保健医療学部
はり灸・スポーツトレーナー学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「東洋医学の基礎・導入教育盤」(1単位)を取得
    • 「科学的思考の基盤」から選択科目6単位以上を取得
    • 「人間と生活」から必修科目3単位及び選択科目7単位以上を取得
    • 「言語とコミュニケーション」から必修科目4単位及び選択科目3単位以上を取得
  • 専門教育科目
    • 「専門基礎」から必修科目24単位及び選択科目7単位以上を取得
    • 「東洋医学系」から必修科目36単位及び選択科目6単位以上を取得
    • 「総合領域」から必修科目8単位及び選択科目6単位以上を取得
    • その他、上記以外で専門教育科目の選択科目17単位以上を取得
理学療法学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「科学的思考の基盤」から選択科目6単位以上を取得
    • 「人間と生活」から7単位以上を選択し、10単位以上を必修
    • 「言語とコミュニケーション」から2単位以上を選択し、8単位以上を必修
  • 専門教育科目
    • 選択科目から7単位以上を選択し、104単位を必修
作業療法学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「東洋医学の基礎・導入教育盤」(1単位)を取得
    • 「科学的思考の基盤」から選択科目6単位以上を取得
    • 「人間と生活」から必修科目3単位及び選択科目7単位以上を取得
    • 「言語とコミュニケーション」から必修科目3単位及び選択科目4単位以上を取得
  • 専門教育科目
    • 「専門基礎」の選択科目から3単位以上、「作業療法専門」の選択科目から3単位以上を選択し、104単位を必修
ヘルスプロモーション整復学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「東洋医学の基礎・導入教育盤」(1単位)を取得
    • 「科学的思考の基盤」分野から選択科目6単位以上を取得
    • 「人間と生活」分野から、必修科目3単位及び選択科目7単位以上を取得
    • 「言語とコミュニケーション」分野から、必修科目5単位及び選択科目2単位以上を取得
  • 専門教育科目
    • 選択科目から15単位以上を履修し、104単位を必修
臨床検査学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「東洋医学の基礎・導入教育盤」(1単位)を取得
    • 「科学的思考の基盤」から必修科目4単位及び選択科目2単位以上を取得
    • 「人間と生活」から必修科目2単位及び選択科目8単位以上を取得
    • 「言語とコミュニケーション」から必修科目3単位及び選択科目4単位以上を取得
  • 専門教育科目
    • 選択科目から20単位以上を履修し、104単位を必修
保健看護学部
保健看護学科

卒業に当たっては、区分ごとの履修要件を満たし、128単位以上を取得すること。

  • 総合教育科目
    • 「科学的思考の基盤」から選択科目6単位以上を履修
    • 「人間と生活」から選択科目8単位以上を履修し、2単位を必修
    • 「言語とコミュニケーション」から選択科目3単位以上を履修し、4単位を必修
    • 「東洋医療の基礎・導入教育」(1単位)を必修
  • 専門教育科目
    • 「看護専門基礎」 から選択科目4単位以上を履修し、21単位を必修
    •   ※保健師選択学生は疫学・保健統計学演習・保健医療福祉政策論は必修
    • 「看護専門」「看護の統合と専門展開」から選択科目7単位以上を履修し、72単位を必修
    •   ※保健師選択学生は公衆衛生看護学分野の公衆衛生看護学研究を除く全ての科目と子育て支援論は必修
    •   ※助産師選択学生は助産学分野の助産学研究を除く全ての科目と子育て支援論は必修
大学院
保健医療学研究科 保健医療学専攻
  • 共通教育科目の6単位を必修
  • 専門教育科目
    • 基礎領域から10単位以上、専門領域から10単位以上を選択必修。
  • 特別研究科目
    • 6単位を必修

上記単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、本大学院の行う修士論文の審査
及び最終試験に合格した者に対し、修士課程の修了を認定する。

3. 取得可能学位

保健医療学部
  • はり灸・スポーツトレーナー学科(鍼灸学科) 学士(鍼灸学)
  • 理学療法学科 学士(理学療法学)
  • 作業療法学科 学士(作業療法学)
  • ヘルスプロモーション整復学科 学士(保健医療学)
  • 臨床検査学科 学士(保健衛生学)
保健看護学部
  • 保健看護学科 学士(看護学)
保健医療学研究科
  • 保健医療学専攻 取得可能学位:修士(保健医療学)

4. 学位授与数(令和3年度)

※各学科・研究科を卒業または修了した者に、それぞれの学位を授与する。

大学院 保健医療学研究科
保健医療学専攻

修士(保健医療学)  13名

保健医療学部
はり灸・スポーツトレーナー学科

学士(鍼灸学)  38名

理学療法学科

学士(理学療法学)  63名

作業療法学科

学士(作業療法学)  33名

ヘルスプロモーション整復学科

学士(保健医療学)  34名

臨床検査学科

学士(保健衛生学)  69名

保健看護学部
保健看護学科

学士(看護学)  102名

5. 学生サポート

6. 卒業・修了者の進路、進路支援

7. 学修に関するアセスメント・アンケート調査結果

8. 教学に関するIR情報

本学は、学長直轄の部署としてIR(Institutional Research)推進室を設置しています。IR推進室では、教育の質保証に必要となる学内外の調査結果等の収集とデータ分析を行い、学部・学科・研究科の教育研究及び各種会議・委員会等における協議に有益な情報を提供しています。また、学生の学修状況等に関する情報公開も行っています。