関西医療大学

STUDY
学部・大学院
研究について

研究交流会

学内研究交流会

大学内の異分野交流を目的に学内の若手研究者を中心に行っています。

日付 テーマ 所属 氏名
7 2023年3月30日 細菌感染症における最近の話題と抗菌薬耐性について考える 臨床検査学ユニット 大瀧博文
6 2023年2月15日 認知症予防に向けた予防的作業療法介入 ~これまでの実践経験を中心に~ 作業療法学ユニット 木村大介
5 2022年11月10日 健康という正解を目指す東洋医学的診断尺度の作成 鍼灸学ユニット 戸村多郎
4 2022年9月1日 <教授就任記念講演会>    
新人看護師の組織社会化におけるプロアクティブ行動が職場適応に及ぼす影響 臨床看護学ユニット 卯川久美
脊髄における痒みの伝達機構 基礎医学ユニット 深澤洋滋
3 2022年8月25日 <教授就任記念講演会>    
体性感覚野の興奮性と抑制性細胞におけるノルアドレナリンの作用 基礎医学ユニット 大島 稔
アレルギー疾患と血小板 臨床検査学ユニット 竹田知広
動物実験による鍼研究の試み ~ニッチとトレンド~ ヘルスプロモーション・整復学ユニット 伊藤俊治
2 2022年7月28日 運動練習効果の臨界点を超えるためのトレーニング方法の開発 -運動イメージと運動練習を併用した運動学習効果の検討- 理学療法学ユニット 福本悠樹
1 2022年4月28日 停止動作および方向転換動作中の運動学と運動力学に関する研究 理学療法学ユニット 山﨑 航

他機関との研究交流会

日付 テーマ 講師所属 講師氏名
22 2015年8月25日 スポーツと理学療法 現状と展望 日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科教授 小林 寛和
21 2015年3月18日 はり灸治療展望―これまでを振り返って― 本学 教授 山本 博司
20 2013年8月19日 理系研究者のデータ認識について:悪性リンパ腫病理診断学の認識論的考察から 本学 教授 中峯 寛和
19 2013年7月12日 NLPとスポーツ選手の訓練と鍼灸―NLPのリラックスに対する応用を中心に 台湾 淡江大学 黄 欽成
18 2012年11月16日 リハビリテーション医療における運動学習の基礎と展開 関西医科大学附属枚方病院リハビリテーション科 長谷 公隆
17 2012年8月3日 フリーラジカルの検出・同定法および生成・阻害機構について 和歌山県立医科大学医学部 教養・医学教育大講座 化学 岩橋 秀夫
16 2011年7月16日 SP参加型教育の意義とSP養成の基本的在り方 岐阜大学医学部医学教育開発研究センター 藤崎 和彦
15 2011年6月28日 「柔道整復学確立のために-富山大学柔道整復学講座の研究報告-」(軟部組織痛のメカニズム解明のために-基礎と臨床―) 富山大学大学院柔道整復/神経整復学講座研究員 酒井 重数
14 2011年5月19日 鍼灸師、柔整師、PT・OT、看護師になってからの装具研究の奨め 戸田整形外科リウマチ科クリニック 戸田 佳孝
13 2011年2月25日 超高齢化社会における鍼灸治療の役割と可能性(全人的総合的アプローチ) 東京衛生学園専門学校 兵頭 明
12 2010年8月6日 帯状疱疹痛とデルマトームの話 日本良導絡自律神経学会会長、東京医科大学名誉教授 伊藤 樹史
11 2010年4月17日 画像診断を伴う統合医療 しらかば鍼灸整骨院 佐藤 雅美
10 2010年1月29日 スポーツリハビリテーションから何がみえてくるか 広島大学大学院保健学研究科 教授 浦辺 幸夫
9 2009年9月7日 多発地における筋萎縮性側索硬化症の発症要因についての検討 本学教授 紀平 為子
8 2009年7月4日 頭痛と肩こりの生理学 杏林大学医学部神経内科客員教授 作田 学
7 2009年2月27日 血管内分泌因子からみた高血圧ならびにメタボリックシンドロームの細胞膜機能異常と心血管病変 -電子スピン共鳴法を用いての検討- 本学教授 津田 和志
6 2008年11月7日 2時間を刻む生物時計~時間制御を利用した形づくり~ 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科遺伝子発現制御学講座 教授 別所 康全
5 2008年8月22日 精神医学領域の生物学的研究(つかみどころのないひとのこころを扱う) 本学教授 郭 哲次
4 2008年4月25日 視覚野を含む脳の可塑性と発達、リハビリテーションについて 鳥取大学大学院医学系研究科、機能再生医科学専攻、生体高次機能学部門 畠 義郎
3 2007年12月14日 自律神経のゆらぎに注目した神経疾患の治療について 東京大学 Weidongn_Pan
2 2007年8月28日 鍼灸医学領域における胃電図の応用と可能性 明治鍼灸大学 今井 賢治
1 2007年5月24日 全日本鍼灸学会演題予行演習