関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
准教授
髙岸 美和
たかぎし みわ

4年間の大学生活を実りあるものにするかどうかはあなた次第です。何事に対しても受け身ではなく、積極的に教員にも絡んでいってください。そうすれば何かしら得られるものがあると思います。そして、人の話をしっかりと聞ける人になってください。それが、施術者としての第一歩です。

担当科目(学部)

・人体の機能Ⅰ・Ⅱ、人体の機能実習
・包帯学Ⅰ・Ⅱ
・東洋医療の基礎・導入教育
・整復総合演習
・救命救助法

出身校

放送大学、関西医療学園専門学校、大阪教育大学大学院、和歌山県立医科大学大学院医学研究科

学 位

博士(医学)

専門分野(相談可能な分野)

循環生理学

現在の研究テーマなど

中枢性循環調節機序について

研究のキーワード

・血圧調節
・循環調節中枢

在内研究(国内留学、国内共同研究など)

・和歌山県立医科大学生理学第二講座(2007~2015)
・順天堂大学スポーツ健康科学部(2015~)

所属学会

日本柔道整復接骨医学会、日本生理学会、日本体力医学会

社会活動など

日本赤十字社救急法指導員認定(2005~現在)

オフィスアワー

前期:月曜日の放課後/後期:木曜日の放課後(16:40~18:00)

主な研究業績

・Activation of histamine H1 receptors in the nucleus tractus solitarii attenuates cardiac baroreceptor reflex function in rats. M. Takagishi, S. S. Gouraud, M. E. R. Bhuiyan, A. Kohsaka, M. Maeda and H. Waki: Acta Physiologica, 211(1) : 73-81, 2014
・IL-6 microinjected in the nucleus tractus solitarii attenuates cardiac baroreceptor reflex function in rats. Takagishi M, Waki H, Bhuiyan ME, Gouraud SS, Kohsaka A, Cui H, Yamazaki T, Paton JF, Maeda M.: Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 298(1):R183-R190, 2010