関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
講師
鍵弥 朋子
かぎや ともこ

努力は報われず、正義は滅びる。されど挑戦の日々を続けよ(秋山仁)。共に頑張っていきましょう。

担当科目(学部)

東洋医療の基礎・導入教育、臨床検査学の基礎、医工情報学実習、関係法規

出身校

和歌山県立医科大学大学院、放送大学、神戸大学医療技術短期大学部

学位

博士(医学)

取得資格

臨床検査技師、細胞検査士、国際細胞検査士、認定病理検査技師、二級臨床病理技術士(病理学)

専門分野(相談可能な分野)

病理組織学、臨床検査学

現在の研究テーマ

胃切除が腸上皮に与える影響、雄性不妊関連遺伝子、甲状腺細胞診

研究のキーワード

リンパ小節過形成、精子形成、一次線毛

所属学会

日本分子生物学会、日本臨床衛生検査技師会、日本臨床細胞学会、

オフィスアワー

金曜日12:10~13:00

主な研究業績

【論文】
・Colonic Lymphoid Follicle Hyperplasia after Gastrectomy in Rats. Kagiya T, Shiogama K, Inada K, Utsunomiya H, Kitano M. Acta histochemica et cytochemica 55(2) 67-73 2022
・Two Japanese pepper (Zanthoxylum piperitum) fruit-derived compounds attenuate IgE-mediated allergic response in vitro and in vivo via inhibition of mast cell degranulation. Kono R, Nomura S, Okuno Y, Kagiya T, Nakamura M, Utsunomiya H, Ueno M. European journal of pharmacology 885 173435 2020
・Biological and epidemiological evidence of anti-allergic effects of traditional Japanese food ume (Prunus mume). Kono R, Nakamura M, Nomura S, Kitano N, Kagiya T, Okuno Y, Inada K, Tokuda A, Utsunomiya H, Ueno M. Scientific reports 8(1) 11638 2018
・Loss of cellular cohesion in cytology composes a special subgroup of breast tumors-analysis of 37 cases. Wakasa T, Nakamura M, Kagiya T, Taniguchi E, Sakurai T, Kakudo K. Acta Cytologica 58(1) 89-95 2014
・3,4-Dihydroxybenzaldehyde Derived from Prunus mume Seed Inhibits Oxidative Stress and Enhances Estradiol Secretion in Human Ovarian Granulosa Tumor Cells. Kono R, Nomura S, Okuno Y, Nakamura M, Maeno A, Kagiya T, Tokuda A, Inada K, Matsuno A, Utsunomiya T, Utsunomiya H.
Acta Histochemica et Cytochemica. 47(3) 103-112 2014
・尿中細胞のDNA, RNAおよび細胞形態の経時的変化. 鍵弥 朋子, 中村 美砂, 森 一郎, 谷口 恵美子, 西上 圭子, 尾崎 敬, 覚道 健一.日本臨床細胞学会雑誌 47(3) 183-188 2008
・梗塞により孤立散在性細胞が多数出現した乳管内乳頭腫の1例.鍵弥 朋子, 谷口 恵美子, 布引 治, 森 一郎, 尾崎 敬, 覚道 健一, 吉村 吾郎, 櫻井 武雄.日本臨床細胞学会雑誌 41(5) 357-359 2002
・細胞診で悪性を疑ったいわゆる甲状腺異型腺腫の1例.鍵弥朋子, 谷口恵美子, 中村美砂, 中村靖司, 森一郎, 要明雄, 覚道健一.日本臨床細胞学会雑誌 40(3) 290-293 2001
【学会】
岡本拓馬、覚道健一、藤田茂樹、松永由紀、三村裕子、鍵弥朋子.細胞診所見で診断に苦慮した甲状腺低分化癌の一例.第61回日本臨床細胞学会秋期大会(仙台市)2022年11月
鍵弥朋子,伊藤俊治,畑村育次.新規雄性不妊遺伝子Kansl1Lは線毛関連遺伝子発現を調節する.第45回日本分子生物学会年会(千葉)2022年12月

科学研究費など
学会の研究費の獲得状況

・多発性嚢胞腎と男性不妊を合併する新規副甲状腺関連遺伝子KANSL1-Lの解析.日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2016年4月 - 2020年3月(研究代表者)
・腎不全に伴う病的石灰化における基質小胞のプロファイリング.日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015年4月 - 2018年3月(研究分担者)
・精巣、副甲状腺に強く発現する新規遺伝子による精子分化機構の解明. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015年4月 - 2018年3月(研究分担者)